太陽の海と

立川に聖地巡礼に寄った昭和記念公園でしたが、当日(2017 7/20)は真夏の炎天下の元、ひまわりの開花が最盛期を迎えつつありました。夏の思い出に、撮ってきた写真を掲載しておきます。

tatikawa himawari 01

α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f8, 1/160,  ISO50, 16mm, CPL filter

昭和記念公園では、北の砂川口近くにある「花の丘」にて例年たくさんの向日葵が花を咲かせます。こちらを訪れたのは平日の昼間でしたが、そこそこの観客が足を運んでいましたが、人影の途切れに合わせて撮影することも一応可能でした。


tatikawa himawari 02

α7sLA-EA3SAL70300G,  f6.3, 1/200,  ISO50, 70mm, CPL filter

一面に広がる、ひまわりの海。国内ではもっと広大な向日葵畑もいくつかあると思いますが、ここは余計な人工物が映らずに撮影出来るのが良いですね。青い空と、緑の木々とのコントラストが見ていて気持ちよかったです。


tatikawa himawari 03

α7sLA-EA3SAL70300G,  f6.3, 1/200,  ISO50, 100mm, CPL filter

畑の近くでは、高くから記念撮影できるように簡易展望台も用意されていました。


tatikawa himawari 04

α7sLA-EA3SAL70300G,  f6.3, 1/250,  ISO100, 300mm, CPL filter

望遠で圧縮して。


tatikawa himawari 05

α7sLA-EA3SAL70300G,  f6.3, 1/250,  ISO100, 300(450)mm,  CPL filter


tatikawa himawari 06

α7sLA-EA3SAL70300G,  f5.6, 1/250,  ISO100, 150mm, CPL filter

そういえば、向日「葵」って全然青~紫系統の色じゃないのに「葵」ってつくのが不思議だったんですが、この漢字は「回りながら四方に咲き開く」意味を持つようです。上の草冠が草木の象形、下の部分は東西南北の方位を測る器具の象形。


tatikawa himawari 07 

α7sLA-EA3SAL70300G,  f5.6, 1/250,  ISO100, 150mm, CPL filter

一昨年に訪れた滋賀の第一なぎさ公園よりも規模が大きくて、かなり壮観でした。出張中は夕方までのお仕事の後になんとか千葉 佐倉のひまわり畑も行きたかったけど、ちょっと遠すぎましたね。


しかしながらなんだかんだと、今夏もそれなりに新しい体験をさせてもらったなぁ。


 
スポンサーサイト