アニメ フレームアームズ ガール 聖地巡礼 -祝! FAガール 二期決定!-

先月3/24-25に東京で開催された「ANIME JAPAN 2018」。その最終日にFAガールのアニメ作品の二期シリーズの特報が!

2017年の春クールに放送されたアニメ フレームアームズ・ガールですが、ファンの間ではその続編を望む声も大きかったところ。年末に開かれたコトブキヤフェスでもアンケートに熱い思いをぶつけてきたマスター諸氏もおられたことでしょう。私もだ。

■ HAPPY BIRTHDAY !
FA GIRL 2nd season 01
…と、二期決定と合わせて本日4/18が劇中での轟雷の初起動日だったのでした。おめでたいこと続きといことで、記念に一枚。聖地 立川ではコラボイベントも開催されているようです。

■ 祝! FAガール続編
FA GIRL 2nd season 02
残念ながら、ANIME JAPAN 2018を見にいく時間は取れませんでしたが、翌週に東京出張を控えたグッドタイミングの朗報に、お仕事帰りに立川へ聖地巡礼していくことにするのでした。

イベントで配布されたFAガールアニメ新作の号外ですが、立川本店を含む複数の店舗でも配られていたようです(画像クリックで拡大します)。発行はスポーツ報知から。こういうのって、虚構じゃなくて実際の新聞社に依頼して配られるんですねぇ。

FA GIRL 2nd season 03
号外の裏面。

FA GIRL 2nd season 04 
立川本店の店頭でも続編製作決定の報を告げるお知らせが(2018 3/27撮影)。

FA GIRL 2nd season 05
店内でも続編の告知!立川コトブキヤではお客さんが書き込めるファンノートが用意されているんですが、早くもファンからのお祝いメッセージで埋められていました。

FA GIRL 2nd season 06
号外の文面でも触れられていますが、1期最終回の最後にチラッと登場していた「イノセンティア」。ステマじゃない、すがすがしいダイレクトマーケティングの本作の性質を考えると2期で登場しない訳が無いと言ってもよさそう。ちなみ今気づきましたが、本編のマテリア系列と同じくキット版とは少し意匠が異なってたんですね。

FA GIRL 2nd season 07 
マテリアとコンセプトの近しいイノセンティア。次回作ではシロ・クロとどのような掛け合いをするのか気になるところです。

FA GIRL 2nd season 08 
気になると言えば、迅雷の活躍も。いやむしろ、迅雷の活躍のほうが気になるといって過言ではない。

FA GIRL 2nd season 09
初製作の赤迅雷と、初期稿版の迅雷ちゃんですが、二人を差し置いて今や「迅雷」の代表となってしまったインディゴ迅雷。フレームアームズ版の迅雷(スピンオフ作品のFAガールじゃない本家の方)って、元々フミカネ先生のオリジナル機体から擬人化されたデザインなんだし、二人ともテレビに出してあげて欲しい。お茶の間から見てるだけなんて…。

FA GIRL 2nd season 10
最終回ではそれぞれのマスターを探しにあおの元を後にしていったFAガール達。二期ではあお意外のマスターも登場して各々の楽しい掛け合いを見せてくれるのでしょうか。個人的には武希子宅に居候するバーゼなんてシチュエーションにも期待したいところ。一方で、ちゃんとアホっ子あおちゃんを取り巻くのこれまで通りのハートフルな描写にも注目したいもの。

現行でコトブキヤ様からアナウンスのあるキットシリーズでは、すでに昨年から白虎・グライフェンやマガツキの商品化展開・企画がなされているので、この辺りも登場するのか関心処です!(登場するんだろうなー)

登場するのであれば、少々固い印象のあるこれらのFAガールの名前がどんなニックネームで呼ばれるのかも今から楽しみですね。

あとアレ、ゼルフィカールも出してあげて!!

FA GIRL 2nd season 11 
「感情の物語」、アニメFAガール。
新作に期待を膨らませつつ色んな新しい要素が加わるであろうと予想される本作。轟雷に搭載されている、物語のキーともいえる"Artificial Self"の機能を巡って、機械の中で育っていく「こころ」を匂わせるような根幹の部分をもっと掘り下げていって欲しいのが一ファンとして望むところではあります。それでいて、泣かせに来るふりをしながらしれっとすっ呆けちゃったりする。そんな絶妙の空気感を続編でも見てみたいなぁ。

■ ちょっとだけ告知
FA GIRL 2nd season 12 
以前にお伝えした通り、5/5 トレジャーフェスタ・NEO 有明1に出展を予定しています。
前回のワンダーフェスティバル2018 冬に引き続き、kmp_style名義でKyoto Figure様と合同で作品頒布・展示を行う予定です。

本申請が無事に許諾されましたら轟雷の新作を持ち込みますが、いつになくタイトなイベントスケジュールになっていますので申請個数は少数になります。FAガールファンの方のお手元に届けるため、もしかしたら条件を付けるかもしれません。詳細は、イベントが近くなりましたら追ってお知らせしたいと思います。


■一部画像を比較研究目的で使用しています。
 作品画像を含む著作権は© KOTOBUKIYA/FA Girl Project 様に全て帰属致します。

 アニメ フレームアームズ ガール 聖地巡礼 -Winter Session-



 
スポンサーサイト

雪の弁天桜

4/8、お昼までの用事を済ませて勝山まで花見に行ってきましたので、撮影分を綴っておきます。


2月に行った左義長以来ですが、ようやくの春の訪れ…、といいたいところですが、季節外れの雪が降ったということでコートを持ち出して現地へ。


Benten sakura 2018 01

【α7sLE-EA4MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8 NEW, f4.5 1/160, ISO400,100mm

えち鉄車輌の曇ったフロントガラス越しに。

Benten sakura 2018 02

α7sLE-EA4MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8 NEW, f4.5 1/160, ISO400,100mm

福井の車窓から。

Benten sakura 2018 03

【α7sLE-EA4MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8 NEW, f4.5 1/160, ISO400,100mm


Benten sakura 2018 04

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/6400,  ISO400, 50mm, CPL filter


Benten sakura 2018 05

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/1000, ISO100,105mm


Benten sakura 2018 06

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/100, ISO100,135mm

勝山橋を渡って、まずは東の桜並木から。

Benten sakura 2018 07

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/1000, ISO100,180(270)mm


Benten sakura 2018 08

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/100, ISO200,130(195)mm


Benten sakura 2018 09

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/100, ISO200,130(195)mm


Benten sakura 2018 10

【α7sLE-EA3SAL70200G, f4 1/100, ISO00,135mm


Benten sakura 2018 11

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 1/125, ISO400,200mm


Benten sakura 2018 12

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/50, ISO100,140mm


Benten sakura 2018 13 

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/800, ISO100,200mm


Benten sakura 2018 14

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8, 1/160, ISO100,150mm

橋を挟んで西の景色を。ちょうど、左義長ではどんど焼きが行われる広場の近くになります。


Benten sakura 2018 15

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/1000, ISO100,200(300)mm


Benten sakura 2018 16

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/1000, ISO100,200(300)mm


Benten sakura 2018 17

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/50, ISO100,200mm


Benten sakura 2018 18

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/50, ISO100,180mm

雪山と桜が合わさるシチュエーションは、以前に富山 朝日町の舟川べりでも撮影したところですが、そちらに比べると山が近い分こちらも中々の迫力がありました。ただそれだけに、桜の木の上からぴょこっと生えてる監視カメラやスピーカーなどの人工物が映り込むのが残念なところではあります。

Benten sakura 2018 19

 【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/50, ISO100,80mm

「弁天桜と勝山夕景」

北陸だけでなく全国的に各所で雪と桜の珍しい取り合わせが見られたようです。念の為フラッシュも持って行きましたが、午後からは雨に変わってしまったので降雪と撮るのは叶わなかったのが惜しいところ。用事が無ければ午前中からも出かけたかったところですが。


今年は桜が散るのも早く、福井に戻って来てから花見をする機会を得られるか微妙なところでしたので、見れただけも幸運だったかも。





 

京都 桜紀行 2018

東京出張を終えて1830頃の新幹線で一路帰北…、のつもりでしたが、いつも良くして頂いている京都の仕事仲間に拉致られて途中下車。そのまま居酒屋で閉店まで飲んでしまったので、朝まで時間を潰すことに。


春秋とネットカフェすら満室なのが京都の宿泊事情なので、さてどうしようかというところで夜の花見に出かけることに。観光客でごった返す昼間よりも、多分快適に回れるハズ…。


■ 祇園 白川
sirakawa sakura 2018 01

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/50, ISO6400, 70mm

…、と思ったんですが、想定外にも切り通しから白川沿いでは高級車やスポーツバイクが何台も乗り付けて撮影会をずっと続けておりました。愛車の撮影のために、照明のアシスタントまでつけて何度も繰り返しテストしているようで、ここがどうも定番のスポットのようでした。

仕方ないので、ねばりながら車が入り込まないようなタイミングと画角を狙って試行錯誤してみることに。


sirakawa sakura 2018 02

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/50, ISO6400, 70mm


sirakawa sakura 2018 03

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/50, ISO6400, 70mm


sirakawa sakura 2018 04

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/100, ISO6400, 200mm

EXIFのデータ見てると、これを撮ったのは25時。舞妓さんってめっちゃ夜遅くまで働いてはるねんなぁ。


sirakawa sakura 2018 05

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/50, ISO6400, 110mm


sirakawa sakura 2018 06

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/25,  ISO800, 50mm, CPL filter


sirakawa sakura 2018 07 

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/13, ISO1600, 110mm


sirakawa sakura 2018 08

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/25, ISO3200, 200mm

そういえば、途中から撮影に参戦していたニコンユーザーのカメラマンさんが、英国の折りたたみ自転車のブロンプトンで現場に来られてましたっけ。ええなぁ…。ブロンプトン、うちも欲しいなぁ。


■ 八坂の塔 yasaka sakura 2018

【α7sLE-EA3SAL70200G, f9 5, ISO200, 70mm

撮影しているうちにトイレに行きたくなりました。八坂神社まえにローソンがあったはずということで急いで向かいましたが、店が無くなってしまっていたのでそのままトイレを求めて南下。やっと見つけたファミ―マートも故障中。さらに南下で東大路を彷徨ってなんとか別のコンビニで手洗いを済ませ、せっかくなので八坂の塔も撮っていくことに。


yasaka sakura 2018 old

ここも何度も撮ってる場所ですが、意外と桜と合わせて撮るのは初めてだったり。深夜も26:30を回っていましたが、学生の写真サークルらしき団体が桜の木の下で熱心に望遠レンズを使って撮影を行っていました。彼らが去ってからかなり引いたところから桜に焦点を合わせて撮影してみましたが、街灯の照明のせいでほとんど橙色に染まってしまうのでなんか撮ってて微妙でした。だから彼らは桜自体を画角から外したんだろうか?

仕方ないので、幕末古写真ジェネレーター(lab.wanokoto.jp/olds)のサンプルにもなってもらうことに。


■ 三寧坂
sannei zaka sakura 2018 01  

【α7sLE-EA3SAL70200G, f9 6, ISO200, 75mm

八坂の塔からそのまま清水寺方向に登っていき三寧坂へ。


sannei zaka sakura 2018 02

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 30, ISO100, 70mm

遠方をみやるとクレーンの影が見えちゃう上に照明の影響も受けやすいので、あまり画角を広げずに撮影することにしました。


sannei zaka sakura 2018 03

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 20, ISO100, 100mm


sannei zaka sakura 2018 04

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 20, ISO100, 110mm


sannei zaka sakura 2018 05

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/30, ISO4000, 70mm

三寧坂を撮影中に、先のブロンプトンマンと再会。標準域のメインレンズが自分と同じくフォクトレンダーということで、楽しくお話しさせて頂いての撮影となりました。


■ 円山公園
maruyama sakura 2018 01 

【α7sLE-EA3SAL70200G, f18 15, ISO100, 70mm

4:30を回って、そろそろ四条に引き上げるついでに円山公園へ。屋台が終了しているこの時間帯でも夜桜見物の花見客で盛り上がっていました。


maruyama sakura 2018 02

【α7sLE-EA3SAL70200G, f18 15, ISO100, 75mm

丸山の祇園桜は、正式には「一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)」と呼ぶそうで。深夜なんでライトアップは終了していますが、青白い月明かりに照らされて出来るコントラストがなんとも妖艶な雰囲気を放っていました。


maruyama sakura 2018 03

【α7sLE-EA3SAL70200G, f18 15, ISO100, 135mm

撮影後は八坂さんを出て河原町へ。コートを羽織っていても肌寒いので、電車が動き出すまでマクドナルドに避難。結局一睡もせずに朝を迎えることとなりました。



■ 伏見 派流
haryu sakura 2018 01 

【α7sM42-E mount adaptor + Super Takumar 50mm F1.4 (8 elements), f1.4, 1/1600, ISO100, 50mm

「派流」とかいてはりゅうと読む。京阪中書島駅を降りて、一帯をぐるっと囲んでいる運河を見にやってきました。

京阪 祇園四条駅から蹴上のインクラインに行くつもりでいましたが、さすがの人気スポットで朝6時位からでも既にカメラマンやコスプレを楽しむ人たちも大勢押しかけているようなので、ここはひとつ趣向を変えてまだ行ったことのない場所を訪問してみることに。


haryu sakura 2018 02

【α7sM42-E mount adaptor + Super Takumar 50mm F1.4 (8 elements), f1.4, 1/8000, ISO100, 50mm

柔らかい朝の光の中、運河に繋留される十石船。現地への到着は6:40頃。中書島駅からは北東にほど近い場所が目的の場所となりますが、急遽の計画変更であまり下調べが出来てなかったので一度豪川を北上する形で運河全体を西からぐるっと回る形になってしまいました。それでも、早朝の時間帯はほぼ人がいないのは撮影に好都合でした。


haryu sakura 2018 03

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/1600,  ISO100, 50mm, CPL filter


haryu sakura 2018 04

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/2000, ISO100, 135mmCPL filter


haryu sakura 2018 05

【α7sLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/2000, ISO100, 160mmCPL filter

水面に映る桜と、浮かぶ十石船。タイミングが良ければ、川を流れる沢山の桜の花びらと合わせて撮ることも出来るようです。


というわけで予定外に突発の桜撮影となりましたが、混雑する観光客に揉まれることも無く春の訪れを感じることが出来ました。

 

深夜帯に回った、白川 八坂 – 三寧坂 丸山のコースは、ルート上に遅くまで営業している飲食店もあります(27:00までやってる「祇園 京めん」とか )。京都から遠方に住んでいても意外と深夜ピクニックしてそのまま早朝拝観から混み出す前に帰宅とか出来ちゃいそうですが、夜間の散策は近隣の迷惑にならないように最低限くれぐれもマナーを守る必要がありそうです。






 

東京 桜紀行 2018 其の弐

2018 3月末。東京で撮ってきた分から、残り分をまとめて掲載。

■常圓寺
zyoenji 2018 02

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f8 1/30, ISO100, 24mm

朝の出勤時に立ち寄った常圓寺さんより。ここは、日蓮宗のお寺のようです。全くノーマークのスポットだったのですが、見事な咲きっぷりに思わず見とれてしまいました。

zyoenji 2018 03

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f8 1/30, ISO100, 24mm

そびえ立つ高層ビル群を背景に、負けじと花を広げる様は初めて見るシチュエーションだったので中々新鮮でした。急いでいたのでサクッと撮っただけですが、夜もいい雰囲気だそうで見ておけば良かった。

■ ミッドタウン
midtown 2018 01 

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f8 1/25, ISO1600, 30mm

同じ日に勤務を終えて。お付き合いの会合の後に、酔いの回った状態で何とか六本木へ。テラスの明りを交えた桜のライトアップを是非撮りたいと思っていましたが、消灯数分前のギリギリセーフで滑り込むことが出来ました。


midtown 2018 02 

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f11 13, ISO100, 24mm,明合成

ここに来たら定番の構図で、一度は撮ってみたい明合成。日付を跨ごうとしている時間帯なので、さすがに車の往来も落ち着いた感じに。

midtown 2018 03

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f11 13, ISO100, 24mm,明合成


midtown 2018 04

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 3.2, ISO100, 80mm,明合成


midtown 2018 05

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 3.2, ISO100, 130mm

もうちょい撮っていたかったけど24時を過ぎると警備の方が巡回を始めるようでしたので指示に従って撤収。ミッドタウンは魚眼を使っても楽しく撮れるポイントが多いようなので、また機会があったら撮ってみたいなぁ。


■ 渋谷 桜坂
simuya sakurazaka 2018 

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/80, ISO100,135(202)mm

若干ピークを過ぎつつあった、渋谷の桜坂より。ここも車輌の往来が頻繁なので、途切れたタイミングを狙って撮影するのにちょっと苦労。

■ 千鳥ヶ淵
tidorigahuchi day 2018 01  

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/40, ISO100, 70(105)mm

既に夜桜見物で訪れた千鳥ヶ淵も、空き時間を利用してもう一度昼間の様子も撮影に行ってみました。

tidorigahuchi day 2018 02

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/40, ISO100, 70(105)mm

水面に流れる大量の散華。個人的には滅多にお目にかかれない風景でしたので、渦を巻きマーブリングのように拡散するピンクの鮮やかさに目を見張るばかりでした。


tidorigahuchi day 2018 03

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/1600, ISO400, 150mm

ちなみに、堀の水がやたら緑色な印象を覚えましたが、かつて流れ込んでいた玉川上水他の川の流れを止めてしまったということで、アオコなどの植物プランクトンが増えたために透明度が低下してこのような色になっているそうで。 環境的にはともかく、桜とのコントラストを見る分にはいい組み合わせでした。

堀全体の写真は、無秩序に浮かぶボートの様子がなんだかとっちらかって微妙なので全部割愛。全景撮るなら朝一の方がよかったですね。

■ 浅草寺
sensoji 2018 01

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/20, ISO400,100mm

続いてこちらは、浅草寺の夜桜撮影分。宝蔵門を臨んで仲見世通りから。
そういえば、仲見世の店舗は去年に大きな動きがあって賃貸料金の大幅な値上げが検討されているんでしたっけ。

sensoji 2018 02

【α7sLE-EA3SAL70200G, f8 1/20, ISO1600,100mm


sensoji 2018 03

【α7sLE-EA3SAL70200G, f11 1.3, ISO200,70mm


sensoji 2018 04

【α7sLE-EA3SAL70200G, f25 10, ISO50,120mm

流石にここも人通りが激しいので、長秒で人影をぶらして撮ってみることにしました。宝蔵門前以外では境内にも桜の造花が配置されいているようでしたが、後は薬師堂付近に見られるくらいで思ったより規模はこじんまりした感じでした。


そんな分けで初めて東京の桜を見物する機会を得た今回でしたが、都会に咲く春の様子を限られた時間の中ではありましたがそこそこ堪能することが出来ました。

出張最終日がちょうど土日に重なりましたので、そのまま新幹線で引き返す途中に立ち寄った京都の桜の様子を次回は紹介します。







 

東京 桜紀行 2018 其の壱

しばらくぶりの更新です。もう新年度が始まってしまいました。

雪かきばっかりの2月を越えて、ただひたすらお仕事の3月でした。年度末出張で東京に働きに出ていましたので、ついでに撮ってきた桜の写真を載せておきます。

■目黒の夜桜
meguro sakura2018 01

【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f2.8 1/20, ISO800, 26mm

かねてから訪れたいと思っていた、中目黒の桜。仕事上がりに急いで現地へ向かい、駅を降りて川を北上。灯りが灯されるのが21:00までなので、時間的には30分程の猶予だったでしょうか。大勢の花見客でごった返していますので、三脚の使用は諦めて、欄干に押し付けながらの撮影でした。

meguro sakura2018 02

【NEX-5R+LE-EA3SAL70200G, f2.8 1/13, ISO800, 105(157)mm


meguro sakura2018 03
【NEX-5RLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/250, ISO1600, 100(150)mm

meguro sakura2018 04
【NEX-5RLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/13, ISO800, 105(157)mm
細いグラスに桜と酒を注いで、我が世の春を謳うここはアーバンリゾート。新社会人もみな楽しそうに華やぐ目黒界隈でした。流石に、一極集中で栄え続ける大都市といったところ。

meguro sakura2018 05
【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f2.8 1/4, ISO400, 26mm

meguro sakura2018 06 
【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f2.8 1/4, ISO400, 35mm
千歳橋辺りまで北上し、程なくライトアップが終了してしまったので、ここで再び中目黒駅に引き返し、次の撮影ポイントへ。

■千鳥ヶ淵の夜桜
tidorigahuchi sakura 2018 01 
【NEX-5RLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/40, ISO1600, 90(135)mm
九段下駅を降りて西へ。皇居周り北西の角っこ、千鳥ヶ淵から臨む春の桜と東京タワー。来て見て初めて知りましたが、有名スポットだけあって桜まつりのイベント本部が置かれ、この景観を見るために列整理もされていました。

期間中のライトアップは日没から22:00まで。運よく最後の列形成に加わることが出来ました。

設けられている柵越しに撮影する上に三脚の使用が認められていないので、制限時間内にセッティングを済ませる必要があり中々緊張感のある撮影でした。

tidorigahuchi sakura 2018 02
【α7sLE-EA4SAL1635ZA, f2.8 1/15, ISO640, 35mm

tidorigahuchi sakura 2018 03
【NEX-5RLE-EA3SAL70200G, f2.8 1/40, ISO1600, 70(105)mm
船着き場に繋留されるボートも併せて撮りたかったところですが、もう少し早く来る必要があったようです。22:00以降ではボート場の展望スペースも締め切られてしまっていました。

■新宿 思い出横丁omoide yokocho 2018 01
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter
この日の最後は、宿近くの飲み屋街「思い出横丁」へ。といっても、店の多くは閉店で片づけを始めていました。

omoide yokocho 2018 02
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter

omoide yokocho 2018 03
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter

omoide yokocho 2018 04
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter

omoide yokocho 2018 05
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter

omoide yokocho 2018 06
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/125,  ISO800, 50mm, CPL filter
ここを撮影するなら、出来れば雨天の方が雰囲気が出るような気がしますが、今回は横丁全体を概観するつもりで訪れてみました。また機会があれば行ってみようかと。



全国的に開花の早い2018 桜のお花見事情ですが、これまで春先の関東出張では花が咲く前に仕事を終えて引き返すばかりだったので、今回は撮影には絶好のタイミングとなりました。

次回も東京で撮影してきた桜を掲載していきます。