2017 AUTUMN MILKY WAY


明日10/20は月齢で新月。しかしながら、今のところ天気予報では曇りとなっているので、星空観察は厳しそうでしょうか。先日の17日の夜は久々にいい感じで晴れた夜空が広がりました。

9月以降に機会を伺い一度試しに撮影にも行った秋の天の川ですが、やはりこの時期の天の川は薄いために惨敗。そして10月に入ってようやくこのタイミングでリベンジと相成りました。

autumun milky way 01 
【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f4, 20,  ISO3200, 16mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W
日本における夏季のタイミングで、地球の北半球は太陽系(天の川銀河系)の中央側に向いているため、密集した星々より構成される"濃い"天の川を見られた分けですが、過去記事で上げた「春の星、春の雷」では、実際には初夏の時期であったため割と楽ちんに観察出来たのでした。…しかしやっぱり秋の天の川はどうしても薄いみたい。

autumun milky way 03
【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f2.8, 15,  ISO1600, 16mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W
肉眼でも薄っすらと見えていた天の川。星空観察の基本は南側に向いてみるようですが、
こちらは10月半ば23:00頃の北の夜空。割りと、横に伸びていく感じで走っていました。

せっかくなので星座の勉強を。

天の川の他に、気になってた明るい星が密集している部分。M45(プレアデス)星団というみたい。こいつが、所謂「すばる」なんね。

autumun milky way 04
【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f2.8, 20,  ISO1600, 17mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W
雲もなく気持ちのいい晴天。秋も進みつつ、虫の声も大分弱まってきました。たまに天体関係の動画をみたりしますが、宇宙の途方もない広がりとか知った上で星だらけの空を見ていると、自分という存在がどうしてこの時この場所にいるのか。その必然性について、不意に不思議な気持ちになってきたりします。高々、原子によるアミノ酸・タンパク・脂肪他の集合体が、なんで生理的な電気信号で意識とかいうのを持っていて、その座標軸におって星なんぞを見てるのか。見なきゃならんのか。

autumun milky way 05
【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f2.8, 20,  ISO1600, 17mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成71枚15分 
夜の間に星がぐるぐる回れば、朝には仕事。いつもの日常が始まります。

10/21 (土)は20:00頃をピークとして一晩オリオン座流星群が降り注ぐようで。晴れてる地域の方は、せっかくだし宇宙に目を向けてみるのもいいのかも。




 
スポンサーサイト

青空の中のコスモス

 先日の10/9は体育の日。この日は前日赴いた古城まつりでの疲れをいやしつつ、一日家事をゆっくりこなす予定でした。

 コスモスは結構長持ちする印象があるし来週まで大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが、天気予報を見ると次の日曜は雨日和の様子。コスモス畑と青空の写真を撮るなら、日程的に今行くしかなさそう。そんなわけで午前中に急いで洗濯と掃除を済ませて、福井県は江上町にある宮ノ下コスモス苑に向かうこととしました。

aozora kosmoms 01

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/4000,  ISO100, 50mm, CPL filter

東京ドーム10個分の敷地に1億本の花畑が広がるコスモス苑は、九頭竜川堤防の外に設けられていました。…といっても、ちょうどコスモス祭りが開かれていたこともあって、県外からの観覧者も多く広角で撮った分は微妙な仕上がり。広がるコスモス畑の撮影は人が捌けた夕暮れあたりを狙うとして、日中は空と一緒に撮ることを一つのテーマに撮影を進めました。


aozora kosmoms 02

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/4000,  ISO50, 50mm, CPL filter


aozora kosmoms 03

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/4000,  ISO50, 50mm, CPL filter


aozora kosmoms 04

【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  1/50,  ISO100, 17mm, CPL filter

整然と植えられた区画から、コスモス畑に入って空を見上げながら撮ってみました。コスモスは一部お土産用に摘み取ることも可能な畑も存在し、近くの小学生達が育てた区画やコスモス畑を利用した迷路なんかも用意されていました。


aozora kosmoms 05

NEX-6LA-EA3SAL70200G, f2.8, 1/500, ISO100, 105(157)mm

SNSなんかを見ながら開花のピーク近くと判断して訪れた分けですが、意外とつぼみの状態のものも見られ、まだまだ楽しめそうな雰囲気。昔奈良の藤原京跡のコスモスを見にいった時は、ピーク時と思って行ったものの開花直後のコスモスと開花を終了して花弁がしなびてしまった花とが入り混じっていたことがありました。その点ではピークよりちょっと早めな今回くらいの状態が、活き活きとした状態を楽しめてよかった。


aozora kosmoms 06

【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f2.8, 1/400,  ISO100, 35mm, CPL filter


aozora kosmoms 07

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/640,  ISO50, 50mm, CPL filter

広大な敷地内なので区画によっては植えられたコスモスの密度の低いところもありますが、撮影する側としては色んな撮り方を試せるので、それはそれで面白かったかも。


aozora kosmoms 08
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/640,  ISO50, 50mm, CPL filter

aozora kosmoms 09

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/1250,  ISO50, 50mm, CPL filter

次回は日没まで、光をなるべく意識しながら撮影してみた分を掲載します。



 

砲術演武

去る10/8、日本最古の天守閣が残る丸岡城にて開催された「丸岡古城まつり」に足を運んで来たので、その撮影分を綴っておきます。

2017 kojo matsuri 01
【α7s+LA-EA3+SAL1635ZA,  F8, 1/500, ISO100, 30mm, トリミング
秋空に聳える丸岡城。今回は、こちらで毎年行われている秋の行事、丸岡古城まつりに訪れました。地域振興と遺産のアピールを兼ねた催しのようです。

2017 kojo matsuri 02
【α7s+LA-EA3+SAL70300G,  F5.6, 1/1000, ISO100, 300mm, トリミング
丸岡城の行事では、新年でも祝砲を放って下さる「古銃研究会」の皆さん。愛知県を活動拠点にされているそうなのですが、今回は研究会が披露される砲術を是非見てみたいということで足を運んでみました。

2017 kojo matsuri 03
【α7s+CM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/3200,  ISO50, 50mm
江戸末期、丸岡藩でも高島秋帆の流れを組む砲術家が指南に当たったと言われているようですが、現代において伝承されていませんし再現も難しいのか、県外からの専門家の招聘で「丸岡古城鉄砲隊」と称してパフォーマンス頂いているようでした。火縄銃を扱う側も暴発でケガをするリスクもあるので、危険物の取り扱いとなると自前で準備するのはやはり中々難しそう。

2017 kojo matsuri 04
【α7s+CM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/2500,  ISO50, 50mm
待機中の鉄砲隊。武者姿が非常に様になっていました。

2017 kojo matsuri 05
【α7s+CM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/4000,  ISO50, 50mm, トリミング
会場の人出もそれなりに多いので、今回はトリミングを多用しています。3:2の写真の比率もめんどくさいので無視。

2017 kojo matsuri 06
【α7s+LA-EA3+SAL1635ZA,  F8, 1/500, ISO50, 26mm, トリミング
会場イベントのトリを飾る形で、出番直前の鉄砲隊の皆さんが集結。

2017 kojo matsuri 07 
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/800, ISO100, 150(270)mm, トリミング

2017 kojo matsuri 08
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/1000, ISO100, 135(202)mm, トリミング
「火吹く古銃」
初っ端から観覧する立ち位置を間違えました。撃ち手の右に回った方が、銃の全体なども見えて良いということを今回学びました。撮影目標であった砲口が火を噴く様子の撮影が達成できたのは、今回はこの一枚のみ。火縄銃は弾丸を使用しない空砲だったのですが、一応火線も写るようした。 

2017 kojo matsuri 09
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 120(180)mm, トリミング

2017 kojo matsuri 10
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 120(180)mm, トリミング
発砲後の白煙の中で。演武を盛り上げる太鼓の演者は地元の方が担当。勇壮な音を響かせていました。

2017 kojo matsuri 11
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/1250, ISO100, 120(180)mm, トリミング

2017 kojo matsuri 12
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 180(270)mm, トリミング
再発射用意の風景より。

2017 kojo matsuri 13
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 150(225)mm, トリミング

2017 kojo matsuri 14 
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 100(150)mm, トリミング
「落つる火蓋」

2017 kojo matsuri 15
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/500, ISO100, 100(150)mm, トリミング
今回の第二の撮影目標。火蓋の炸裂するシーンを捕らえるため、普段はあまり使用しない速度優先連射モードを使用。風景メインで動体撮影を行ってこなかったので意識したことがなかったのですが、連射性能に関してはα7sの毎秒2.5コマよりNEX-6の10コマの方がはるかに素早く捉えられるようだったので、APS-C機を投入。

α6500/6000でも11コマ/秒なのでAFの食いつきにこそ差はあれ、NEX-6にもまだまだ頑張ってもらえそう。いい勉強になりました。

2017 kojo matsuri 16
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/1000, ISO100, 200(300)mm, トリミング

2017 kojo matsuri 17
NEX-6+LA-EA3+SAL70200G,  F2.8, 1/800, ISO100, 85(127)mm, トリミング

 鉄砲隊の演武というものを今回初めて見物して、その迫力とともに被写体として一瞬を切り取る面白さにも気づかせてもらいました。肝心のところでもっとシャッタースピードを稼いでおけばと、撮影データを見ながら思い返しているところですが、また機会があるなら今度は火蓋から火花が散った様子をもっと上手く撮りたいところです。



 

臥待月


昨晩のお月さんより。
昼間の外出から帰宅し、仰向けになりながらタブレットでネットをしながら月が出てくるのを待機…という分けでも無く、すっかり忘れていたところを偶々月の記事を読んでいて思い出したところでベランダに出てみました。

2017 fusemachi
NEX-6+LA-EA3+SAL70300G,  F8, 1/200, ISO200, 300(450)mm, デジタルズームx2, トリミング

仲秋の名月の時ほど雲も多くもなく晴れていたので、今回は撮りやすかったかも。


 

港街の花火


先の記事で足立花火について触れたところですが、8/5に観覧してきた「みなとこうべ海上花火大会」の撮影記事を上げておきます。

この日は、早朝から関西へ出てお盆前の用事をもろもろ済ませ、夕方からその足で神戸へ。ごはんを食べていると時間が無くなるので、ハラペコのまま三ノ宮へ急行。


Kobe hanabi 01

【α7sLA-EA31635ZA,  f6.3, 1/80,  ISO100, 16mm 

三ノ宮から新神戸駅を経由し、神戸布引ロープウェイの山麓駅から頂上を目指しました。乗車が17:30頃で花火の始まる二時間前になりますが、この時点でロープウェイの発券所には長蛇の列。割と早めに来たつもりだったのですが、そんなことは全くなかったようです。


Kobe hanabi 02

α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 1,  ISO100, 70mm, ND2

途中、中腹の駅で降りて「風の丘」で花火の観覧することも可能で、ひまわりを見ることも出来るのですが、山麓駅の掲示に「グラスハウス」近隣での観覧がオススメされていたので、いったん山頂駅まで登ってから当該施設のデッキまで下りてきました。18:00ちょっと過ぎにデッキに着いた頃には、既に大勢のカメラマンやシートを引いた観覧客がスタンバイ。残念ながら、やはり出遅れたようです。


デッキは東側の方が、神戸のランドマークであるポートタワーや観覧車などが画角に収まりやすいので位置取りとしては望ましいようですが、今回は西の隅っこ。植込みの陰から望遠レンズを覗かせる形で正面に打ちあがる花火を待つことにしました。


Kobe hanabi 03

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 6,  ISO100, 70mm, ND2

神戸港は今年2017年で開港150周年。ちょうど、江戸から明治への切り替わりの時に開かれたようです。これを記念して、打ち上げ数も例年より多かったとのこと。


Kobe hanabi 04

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f13, 4,  ISO100, 70mm, ND2

神戸の海を彩る花火が次々と打ち上げられていきます。

スカイツリーからの屋内撮影だった足立花火の時と違い屋外撮影の今回は、夜になって少し風が出ていたことと、新調した赤外線リモコンの不調のため、苦戦。仕方がないのでシャッター手押し、露出時間を適宜変更して撮影。

花火撮影におけるNDフィルターの有効性がこれまでイマイチ理解できていませんでいしたが、東京で撮影してきた分の現像時にやはりあった方が良いと感じたので、今回は着用。


Kobe hanabi 05

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f13, 4,  ISO100, 70mm, ND2

それでも望遠だとどうしてもカメラ本体にブレが目立ち、今回は残念ながら惨敗。無理やりピックアップした写真を除いて9割以上は全く使えない結果でした。早めに来てがっちり三脚を展開させているカメラマンに比べると、出遅れて狭いスペースで脚を展開しきれなかったのも失敗。あるいは、こんな状況に対応するために、三脚に載せるシステムを軽量化出来るような準備も必要だったかも(欲張らずNEX-5RSEL55210のほうが、まだマシだったか)



Kobe hanabi 08

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 5,  ISO100, 70mm, ND2

ビルの高さを越えて、打ち上げられる花火。市街の近隣では高度制限があるため、打ち上げられる花火は一番大きくても1尺玉までのようで、水中花火も見られませんでした。空港も近いし、色々配慮が必要なんだろうなぁ…。

調べてみると、そもそも関西で二尺玉以上が打ちあがるところはかなり限定されているようで。


Kobe hanabi 07 

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 5,  ISO100, 70mm, ND2

背景がブレてしまいましたが、こちらはシャンパンタワーでしょうか。撮影に当たってプログラムの確認はしてこなかったのですが、色蜂・千輪菊なども打ちあがっていました。


Kobe hanabi 09

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 5,  ISO100, 70mm, ND2

20:15辺りの光景。プログラムを確認してみると、「煌びやかカーニバル」の辺り。足立花火と比べて、今回も同じく打ち上げ地点から大体4km位離れていたようですが、横方向の広がりはこちらの方が大きかったかな。


Kobe hanabi 10

【α7sLA-EA3SAL70300G,  f11, 6,  ISO100, 70mm, ND2

2023を過ぎて。プログラム「150のありがとう」

この日は海から陸に向けての風が吹いているようで、プログラムの終盤でも煙が立ち込め過ぎている、というわけでも無さそうでした。


Kobe hanabi 12

【α7sLA-EA31635ZA,  f8, 6, ISO100, 16mm 

花火が終わり、人の掃けたデッキにて。せっかくなので夜景を撮影。終わってからも遠くで花火の音が届いてきましたが、10分程遅れて終了する淀川花火のフィナーレだったみたいです。


Kobe hanabi 13

NEX-6MC-11 EF-E sigma18-35mm F1.8, f2.8, 1/40, 21(31)mm

花火観覧を終え、ミントカフェで布引ハーブバーガーとハーブティーを注文。ヨモギの練り込んだ米粉のバンズに香草の入ったパティが食欲をそそる一品。添えられてポテトチップスも少し厚みがあり、塩も控えめでおいしかった。


Kobe hanabi 14

【α7sLA-EA31635ZA,  f2.8, 1/13,  ISO500, 16mm 

食事が終わったら、ロープウェイを目指して山頂駅まで坂を上ります。

山頂のレストハウスは、ライトアップで夜の雰囲気に。食事で時間をずらしたので、ロープウェイ待ちの客も少なくなっているかと期待していたが、全くそんなことも無く。22時ちょっと前に乗車したけど、列はまだまだ伸びていました。


Kobe hanabi 16

【α7sLE-EA3SAL70300G,  f4.5, 1/40,  ISO6400, 70mm 

ロープウェイを下りながら眺める神戸の夜景も、格別。

ごった返す夜の三ノ宮に引き返し、宿へ向かうのでした。