FC2ブログ

冬の逢魔が時


前回の更新から間が開いてしまいました。1月からの雪に足を挫かれて巣ごもりしていましたが、新しい足も闇朱さんに調達頂いたところで今冬の課題をこなしに出かけることにしました。

丸岡は北陸電力の変電所の近くに、福井には珍しく稲荷明神がみられます。


tane shrine snow 01
【α7Ⅲ+CM-LM-E + Nokton 35mm F1.4 VM , --, 1/6, ISO800, 35mm, CPL filter】
訪れたのは多禰(たね)神社。周辺が種村と呼ばれていたころには種神社とも表記されたようです。

tane shrine snow 02
【α7Ⅲ+CM-LM-E + Nokton 35mm F1.4 VM , --, 1/6, ISO800, 35mm, CPL filter】
新雪を踏んで鳥居をくぐります。日中も夕方前から少し吹雪いていたので、誰の足跡も残っていないようでした。

tane shrine snow 04
【α7Ⅲ+CM-LM-E + Nokton 35mm F1.4 VM , --, 1/13, ISO800, 35mm, CPL filter】

tane shrine snow 05
【α7Ⅲ+CM-LM-E + Nokton 35mm F1.4 VM , --, 1/13, ISO800, 35mm, CPL filter】

tane shrine snow 06
【α7Ⅲ+CM-LM-E + Nokton 35mm F1.4 VM , --, 1/13, ISO800, 35(52)mm, CPL filter】

tane shrine snow 07
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f2.8, 1/8, ISO100, 16mm】

tane shrine snow 08
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f5.6, 1/4, ISO400, 16mm】

tane shrine snow 09
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f5.6, 1/4, ISO400, 16mm】

tane shrine snow 10
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f5, 1/2, ISO3200, 35mm】

ちょっとした高台に設けられているこちらの神社は、春に桜も咲いているのでまた撮りに来ようと思います。

降雪中の被写体選びは、実際にそこに行って撮りに行けるかという安全性の問題もあるので、中々難しいところです。シーズン中に撮る予定だった箇所がいくつかあるのですが、あと何回雪が降りそうでしょうか。降り過ぎは困りますが、程々には降ってほしいとも期待するところです。


撮影日 2020/2/18
 
スポンサーサイト



冬景山水図

足を無くして外に一歩も出ない予定の三が日最終日、次の寒波来襲の備えにコトノハのマスターが買い出しに付合って下さるということで、軽トラで出かけることに。

ついでということで、今年の撮り始めで一乗谷にも足を運ぶこととなりました。

210103 ichijodani 01
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f11, 1/50, ISO400, 30(45)mm】

210103 ichijodani 02
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f11, 1/50, ISO400, 35(52)mm, トリミング】

210103 ichijodani 03
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f11, 1/50, ISO100, 35mm】

願わくば、桜の枯れ木に雪の華が咲いたところも、また撮りに行きたいと思うところでした。ただ、そんなことも言ってられないレベルの寒気団が迫りつつあるようですので、どなた様もご安全にお過ごしください。

撮影日 2020/1/3
 

謹賀新年 2021


あけましておめでとうございます。

一昨日からの除雪ですっかり筋肉痛になりながら、今朝も雪かきを終えた切り一日籠り切りの正月を過ごしています。「一年の計は元旦にあり」等と言いますが、そんな気負いもなく幅広のスコップがあればもっと綺麗に雪かきができるなぁ、とかホットカルピスを作って、案外長い間温かい状態が続くもんだなぁ、とか取り留めのないことを考えながら、時折雪が窓を叩く音を聴いてゆっくり静かに過ごしてます。

そういえば年末にコトノハさんに寄った際、いつも良いロケーションを教えてくれるヌマクローさんから正月の丸岡城をお勧め頂いていたので、ちょっと早めの大晦日に足を運んで下見に行ったのでした。

図らずも正月準備の済んだ状態だったので、撮らせてもらった分を現像してみます。

201231 maruokajo 01
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f2.8, 1/320, ISO100, 20mm】

201231 maruokajo 02
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f7.1, 1/200, ISO400, 30mm】

201231 maruokajo 03
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f7.1, 1/200, ISO400, 30mm】

201231 maruokajo 04
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f7.1, 1/200, ISO400, 24mm】

201231 maruokajo 05
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f7.1, 1/200, ISO400, 24(36)mm】

201231 maruokajo 06
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f8, 1/400, ISO800, 30(45)mm】

201231 maruokajo 07
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f8, 1/800, ISO800, 35(52)mm】


現像作業している間に、さすがにカルピスが冷めてしまいました。レモンも足して、もう一杯頂いて温まろうかと思います。

撮影日 2020/12/31
 

ゆく年くる年

大晦日、例年なら家で籠っているいるところですが、今年はせっかくなので永平寺に参拝に行ってきました。といっても、昨日からの寒波のせいで大雪警報が出ているため、除夜の鐘付きなどの行事は中止となっていました。

荒れた天候の中なんとか生還して、ゆく年くる年を見ながらこれを書いています。

201231 eihiji02
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f11, 4, ISO100, 70mm】

201231 eihiji03
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f11, 4, ISO100, 85mm】


201231 eihiji01
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f11, 4, ISO100, 135mm】


201231 eihiji04
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f4, 1/4, ISO100, 35mm】


201231 eihiji05
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL1635Z, f2.8, 1/15, ISO400, 28mm】

一年前の今頃は、色々あって生きた心地がしませんでした。何か一年の締めくくりに書こうかと思ったのですが、ただ生きているだけで幸せなんだなと、そんな風にひしひしと感じています。

いつもお世話になっている方やこのBlogに来てくれる方にも、良い一年が訪れますように。


撮影日 2020/12/31

 

冬咲きの向日葵

夏の間から、寒くなったら見てみたいと思っていた景色がありました。

永平寺町はタンタン清水の湧く場所近くの交差点を越えて、少し西側にひまわり畑の区画があります。勝山方面に向かう時に、いつも気になっていた場所でした。

朝早くからの到着の時点では時折日も差していましたが、30分ほど待っていると雪雲が掛かりだし綿雪が降り始めました。

fuyu himawari 01
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f2.8, 1/1250, ISO400, 200(300)mm】

fuyu himawari 02
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f2.8, 1/800, ISO400, 200mm】

fuyu himawari 03
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f2.8, 1/1250, ISO400, 200mm】

fuyu himawari 04
【α7Ⅲ+LA-EA3 + SAL70200G, f2.8, 1/1250, ISO400, 150(225)mm】

ほとんどの向日葵が盛りを過ぎたか頭に雪を乗せ首がうなだれている中で、正面を向いて咲き誇っている向日葵が数輪残っていました。太陽は出ていませんでしたが、なんとも眩しくて羨ましくもありました。

足の指先にジンとくる冷えを感じながらファインダーから目を離しました。

音のない雪の中、暫くの間見入っていました。

撮影日 2020/12/20