FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

コトフェス2017 フォトレポート -後編-

コトブキヤフェス2017の後編。前回はFAガールの作品展示を中心にレポート致しましたが、この記事では他のコンテンツの展示や新作アイテム、体験型の企画等について記していきたいと思います。

   メガミデバイス ー

1/12スケールの人型可動モデルという点でFAガールと類似しつつも、原型師 浅井真紀氏による汎用型素体マシニーカをベースに独自の展開をみせるメガミデバイスシリーズから。

kotofes rep 01
■ロードランナー シーレーン (キリオ 様)

kotofes rep 02
■ SOLブラストホーネット (Hikage 様)

kotofes rep 03
■ 五月人形 (すとらいぷ 様)

kotofes rep 04
■ アーチャー (ぱーちー 様)

kotofes rep 05
■ 飛鳥 (マーチングラピッド) (樹 様)

kotofes rep 06
kotofes rep 07
■ ハイドラント ( MOMIZI 様)

kotofes rep 08
■ くりすます (ぢょん・ナゲッツ・とらぼるた 様)

kotofes rep 09
kotofes rep 10
■ 作品名不明 (ライナー様)

今回のコトフェスにおける一般からのメガミデバイス作品は、FAガールの作品数が膨大であったのに比べると少しおとなしい印象でしたが、品質の高いキットに魅力的なデザインということもあって確実にコアなファンからの支持を集めているといった印象でした。個人的にも第二弾のSOLシリーズに興味をもったのでホーネットを購入して一通りの工作を終えた状態ですが、今回もらったモチベーションを利用して塗装してあげないと。

メガミデバイスからは、シリーズ第7・8弾の新作キットの展示も用意されていたので、記事内にて後程取り上げます。



フレーム・アームズ ー

コトブキヤブランドの元祖代表格でもあるフレーム・アームズの展示より。

kotofes rep 11 
kotofes rep 12
■ きいろいアレ (ぢょん・ナゲッツ・とらぼるた 様)

kotofes rep 13
■ 鎚・塔 (若木 様)

kotofes rep 14
■ ぐれんまる (ギレロ 様)

kotofes rep 15 
kotofes rep 16
■ 天泣 (アル 様)

kotofes rep 17
■ 轟雷神王 ボルブレイバー (ku6gane 様)

kotofes rep 18
■ ユークレイス(パピルス 様)

kotofes rep 19
■ インペルシオン (針鼠 様)

kotofes rep 20
■ LSS (あおあき 様)

kotofes rep 21
■  YS-T607-Rハート(Nax猫 様)

kotofes rep 22
■ Agateram (タキヒラ 様)

kotofes rep 23
■ML-03c メーレスティア(あなくま 様)

kotofes rep 24 
■  Grüner Tod(Mr. Potato 様)

kotofes rep 25
■獅皇機 (希鱗 様)

kotofes rep 26 
■ ベッカー (カンモイヌ 様)
 
kotofes rep 27
■ ニーズヘッグル (UC 様)

kotofes rep 28
■シロヤマ(仮) (老狼 様)

kotofes rep 29
■ ヴェローチェ(仮) (トクナガ 様)

自由度の高いフレームアームズでは、M.S.G他のオプションパーツ等も効果的に流用しながら非常にセンスのいいオリジナル作例が一般からもたくさん持ち込まれており、見ごたえのあるものでした。TINAMI等のネット上での企画で参加されていた作品も集まっていたようです。本ジャンルのモデラーさんの中には、電飾を得意にされている方の他、デカールの配置の上手い方も多くて、その点も刺激的でした。触発されてバルチャーを買っちゃってるので、その内組んでみよう。


―コラボレーション作品展示 ―

会場では一般の持ち込み作品の他に、社内製作の作例見本の展示コーナーも設けられていました。ハイセンスなパーツの組み合わせは元より、個人で製作するにはちょっと高額すぎる上に未発売の新作キットも組み込んだぶっとんだ作例も紹介されていたりして、その点でも見物でした。

kotofes rep 30 

kotofes rep 31

kotofes rep 32 

kotofes rep 33

kotofes rep 34

kotofes rep 35

kotofes rep 36

kotofes rep 37

kotofes rep 38

 kotofes rep 38 plus
会場隣接の会議室で行われている、ヘキサギア ミニチュアゲームの試遊の様子がスクリーンでリアルタイム放映されていました。

kotofes rep 39

kotofes rep 40

kotofes rep 41

kotofes rep 42

kotofes rep 43

ブランドとしてはまだ若い「ヘキサギア」の魅力を前面に押し出した作例が、比率高めで配置されていた印象でした。動物をモチーフにしているデザインも見受けられるヘキサギアですが、ゾイドシリーズでもクオリティの高いキットを手掛けているメーカーということもあって、自社ブランドの他のコンテンツと異なった角度から攻めてるなぁ…と。レイブレード・インパルスはそのカッコよさに、まんまと初版を予約してしまい実際に組んでも見ましたが、構成を知ったうえで展示作品を見てみるとパーツの使い方が実に巧妙であることが見て取れて、興味深くかつ大変参考になるところでした。


― 新製品コーナー ―

会場入り口近くでは新作の展示コーナーが設けられていました。

kotofes rep 44 

kotofes rep 45

kotofes rep 46

kotofes rep 47

メガハウスのデスクトップアーミーから。同業他社間でのコラボレーションが多い印象のあるコトブキヤさんですが、軽いフットワークで互いのフィードバックがあるところは良さそう。個人的には、メガハウスからの逆輸入の”FAガール シルフィも期待。


kotofes rep 48

コトフェスのタイミングでは、ちょうど発売直前となるメガミデバイス56弾 朱羅シリーズの製品版の展示。年末の仕事の関係で受け取れず仕舞いでしたが、12/28にウチにも忍者 x4が到着予定。


kotofes rep 49

kotofes rep 50

新作の7・8弾は、ワンフェス2017夏で確認出来た時はサフ状態でしたが、今回は彩色版が展示されていました。エフェクトパーツの汎用性も気になるところですが、フレッシュカラーのボディパーツ目当てでも人気が出そう。本音としては、フレッシュカラーのマシニーカ素体のみのラインナップも切望するところですが。


 kotofes rep 52

さらにメガミデバイス新作の告知。冬のワンフェスで詳細なアナウンスがありそう。無念ながら時間の都合で参加できなかった「メガミデバイス トークショー」ではSOLシリーズの3作目という話も聞かれたそうですが、前2作との拡張性等についても気になるところです。

 

※トークショーへの参加が出来なかった方向けに、コトブキヤさんから当日(12/24)の座談会の様子がyoutube12/28からUPされているようですので、チェックしてみるといいかも。



ー アンケート ー

kotofes rep 53 

Fフロア会場前でのアンケートの様子。10台近くのパッドが用意されていて、1台を選んで質問に答えていく形式でした。基本選択式ですが、qwertyキーで打ち込む欄も存在するので、PCユーザーを想定していそうな印象でした。


kotofes rep 54

今回のようなアンケート参加は初めてでしたが、ホテルの宿泊の際にもデジタイザーペンでパッドにサインするようなこともあるので、昨今のデジタル化は何だか進歩が速いです。

アンケート欄にはもちろん、「アニメFAガール2期希望!」と推しておきました。



ー 射出成型機体験コーナー ー

三多摩デジタルLABOによる射出成型機のワークショップコーナー。2016年にもコトブキヤ自社作製の射出機をつかった立体造形の実演があったそうですが、今回は「株式会社 オリジナルマインド」が販売する手動射出成型機 “ INARI”について、操作を含めての実地体験会が開かれていました。

kotofes rep 55

待機列より。3台を投入しての体験会でしたが、開場の入り口を越えて列が出来るくらいに盛況でした。レバーを上げた、射出操作前のINARIが見えています。240は、設定してある溶融温度のようです。


kotofes rep 56

射出成形機のアクセサリーや材料、成形品の展示。使用されていたのはクリアペレットでしたが、この辺はプラモデルの工業生産とよく似ていますね。


kotofes rep 57

向かって左のシリンダーで型を本体に固定。右にペレットの投入口。


kotofes rep 58

ペレットの注入には、なんかお好み焼き屋で見かけるソースやマヨネーズ用のディスペンサータイプの容器を使用していました。


kotofes rep 59

数十秒ほどでペレットが溶解。試射で実際に流れて出ているところ。流動性が高まって、ドロドロの状態です。



kotofes rep 60

実際に使用する型を見せて頂きました。今回使用して下さった型自体は、3Dデジタルモデリングで成形されたものとのこと。設計段階で、締め用の金属ボルトを組み込めるようにしているようです。六角レンチやドリルで締め上げて嵌合されていました。


kotofes rep 61

生産する複製品の数や素材に応じて、耐久度別にアルミやチタン、アクリルの型等も仕様可能なのだとか。


kotofes rep 62
型を合わせ、レバーを倒して充填!

kotofes rep 63

ペレット量が不足するともちろん成形不良に。この時のレバー操作も抵抗感がほとんどありません。


kotofes rep 64

ペレット量を増やして再度チャレンジ。パーツの容量を超えた分は、投入口から少しあふれ出すようです。


kotofes rep 65

型を展開。綺麗な成形品が完成しました。今回は

    「ヘキサギア ガンブレード」の拡大モデル(FAガール / メガミデバイス等に対応)

    「ヘヴィ ウェポンユニット12 ガンブレードランス」の縮小モデル(ヘキサギア 対応)

の二種類選択可能でしたが、繰り返しの射出操作で②の成形不良が起こりやすくなっているとのことで①で体験させて頂きました。

 

クリア成形品ながら気泡を噛んでいる様子もなく、軽量に仕上がることも含めて非常に魅力的なツールでした。待機は一日目中央列の最後尾となりましたが、大勢の方を相手にされているにも関わらず担当の方が最後まで活き活きとした感じで解説しているのが伝わってくるのが非常に好印象でした。実用度の高いパーツで非売品ともなると興味深い体験と合わせて良い記念になるので、次回以降のイベントでも是非継続されて欲しいですね。


― ジオラマコーナー ―

kotofes rep 66 
…とういか、ヘキサギア展示エリアに設けられていたフリー撮影スペースから。情景師・アラーキーこと、荒木さとし氏 謹製 格納庫のジオラマが設営されていました。基本的にはヘキサギア用のようですが、スタッフにお聞きすると他作品で撮影してもらってもOKとのこと。

kotofes rep 67

とうことで、迅雷ちゃんに記念撮影してもらってきました。


kotofes rep 68

タイルに落ちた残骸やホコリの表現、換気口等細部に至るまでカリスマモデラーのワザを感じるジオラマでしたが、背景として撮影させて頂けちゃうのはなんとも貴重な機会でした。


kotofes rep 69
面白かったのは、照明に使われていた卓上投光器。クリアの塩ビ板らしきものを囲って、ワンタッチで雰囲気を変えられるような工夫がされていました。夕方の雰囲気で撮影したければ、赤~橙のセロハンを使って撮影するのと同じ発想ですね。これも中々便利そうです。


ーコトフェスに参加してみて…ー

12月はまるっと祭り」ということで、4週に続いて行われたコトフェス。展示・交流会として人の入りも引っ切り無しで、多くの模型ファンを賑わせていました。

kotofes rep 70 

一日に3度程登場するコトブキヤのマスコット、「アーキテクトマン」。今回初めて実物を拝むことが出来ました。シーズン柄、MSGをプレゼントとして運ぶサンタさんなのね。


kotofes rep 71 

アーキテクトマンがイベント進行の中でとるポージングはかなりテンポの良いもので、ファンの熱い視線を独り占めしていましたw


kotofes rep 72

2Fフロアのショップでお買い物した限定特典、射出成型品のアーキテクトマンをもらってご満悦の迅雷ちゃん。ファン感謝祭的な側面も強い本イベントで、スタッフの方ともお話しさせてもらえる機会もあったりしてメーカーとユーザーとの関係を考えてみる、良い社会科見学にもなった気がします。



遠方ゆえに、本店でしか開催されないコトフェスへの参加が難しかったファンの方も多くいたかと思います。実現は容易では無いと思いますが、コトフェス当日に複数の店舗を含めた作品展示の同時開催や、SNSへの作品投稿なんかあるとコトブキヤ ファン間での広がりも期待できるかもしれませんね。

 

最後に、撮影させて頂きましたモデラー、フェス参加者や、スタッフ関係者の皆さま、当日は大変ありがとうございました。ではでは。



 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。