「グラスリップ」の舞台を巡る-EP02 ベンチ 編-

第二話 「ベンチ」

Glasllip ep02 (0)

先週放送のグラスリップ第二話。高校3年最後の夏、透子達5人の仲に転校生 駆が加わり新たに投げかける波紋。興味、不審が巻き起こる空気のまま一話の引きから続く物語は、二話にして早々の急展開を迎えました。

それぞれが抱く興味や恋慕をはらみながら、「出会った夏」がいよいよ開幕。

今回も一話に引き続き、三国の町並みを中心とした情景が描かれています。新たなところでは、モデルとしてPV発表の段階で明らかになっていた麒麟館こと「みくに龍翔館」がメインの舞台の一つとして描かれるほか、TVアニメと並行して放送されているカゼミチラジオで話題に上がっていた、ジェラート屋さん「カルナ」も登場。

事前に判明した雪哉の告白の場所や、タイトルにもなった「ベンチ」と合わせて、回って来た舞台の現場を今回も辿って行きます。

Glasllip ep02 (1)
Glasllip ep02 (2)
1 三国港駅:
 物語のキーともなる、明日を見通す力「未来の欠片」。線路に沿い、距離をおいて離れていくそれぞれの意味するものは―。劇中の線路上からの光景は、えちぜん鉄道車両の先頭および最後尾の窓から近しい形で見ることができます。撮影時の天候が雨でしたので、物語を象徴するシーンとして青く晴れた日にもう一度撮りなおしたいですね。

2 三国駅踏切:
 一話の予告段階で、こちらのベンチがモデルであることを予想されていた方と実際に検証。雰囲気もさながら、夕刻の撮影に臨み日差しの入り方もよく似ていることから、おそらくこちらのベンチが参考にされていると考えられます。告白後の虚脱感をベンチにあずける雪哉。二話はこのシーンがお気に入り。

Glasllip ep02 (3)
3: みくに龍翔館:
  カフェ カゼミチで駆にうながされ、待ち合わせの場所となったのが「きりん館」。アニメ本編では駆との"未来の欠片"を巡るやりとりの前に、透子と幸の交友を描く場面としても登場。モデルの「みくに龍翔館」は、明治期のお雇い外国人 GAエッセルにより手がけられた龍翔小学校を復元したもの。現在は三国の風土歴史資料館として公開されています。詳細は、PV1の記事とみくに龍翔館HPに譲りますが、館内の雰囲気もそのままに劇中では再現されています。
 なお、館内は撮影スペースが限られており、4F「不思議のフロア」で展示されているトリックアートの入選作品などは撮影出来ませんのでご注意を。

Glasllip ep02 (4)
3 龍翔館 4F 展望台:
 5階建ての建物である龍翔館は、4Fテラスを展望台として開放。九頭竜川河口一帯のパノラマを一望することが出来ます。PV2でも映像が流れていた、透子と駆とのやり取りの合間に挟まれる九頭竜河口を船が上るシーンもこちらから観ることができます。

Glasllip ep02 (5)
 みくに龍翔館では、建築を手掛けたGAエッセルに因み、息子であるマウリッツ・エッシャー(MCエッセル)の作品も4F トリックアートのコーナーで鑑賞することが出来ます。繰り返しの幾何模様に拘ったエッシャーの作風に父は亡くなるまで理解を示さなかったなんて話も聞きますが、父子の作品が同地に並ぶことに何だか数奇なものを感じます。

劇中で大きく映った絵はエッシャーによる木版画「「昼と夜」。このシーンを挟むことにも製作からの何らかの意図が垣間見えますが、ところでエッシャー自体は自身の作風になんらかの主張を込めるタイプでは無かったようです。無限を有限に閉じ込めることが、純粋に好きだったかも。
本作品もやはり撮影は出来ませんが、舞台巡りと併せてじっくり鑑賞されてはいかがでしょうか。

Glasllip ep02 (6)
Glasllip ep02 (16)
Glasllip ep02 (17)
Blu-ray & DVD一巻のジャケット(仮)に採用が検討されたり、逆に龍翔館側でも受付等で関連誌面の張り出しを積極的に行う当たり、本作品に対する地元の関心の高さも伺えます。

Glasllip ep02 (7)
Glasllip ep02 (8)
ジェラート・カルナ:
きりん館での駆とのやり取りを終えて、透子と幸が向かう先。三国湊魅力作りプロジェクトを期に2005年に初代の店舗がオープンした、ジェラート・カルナさんが登場。三国湊きたまえ通りは三国観光の主要ルートなわけですがグラスリップ特設コーナーの設けられる三國湊座さんからも近いので、グラスリップ聖地巡礼の際には定番のお店になりそうでしょうか。
ところで幸の、「もし透子ちゃんを困らせるような人がどこかにいたら、わたしはきっと、そいつを許さない。」は、ちょっとこれまた、波乱を呼びそうなセリフ。

Glasllip ep02 (26)
2話で透子が手にしていたのはラムレーズンらしい…。ということで、おまけの一口もラムレーズンで頂きます。ご主人も結構なアニメファンの様子。ミーハーな気持ちと対極に(笑)、商品開発に掛ける熱意も聞かせてもらうことが出来ました!

Glasllip ep02 (9)
5 竹田側南岸 港橋・栄橋間:
既にPVで紹介されていたシーン。新規分、また撮影に行きます。
7/19撮影分を追加しました。

6 三国湊きたまえ通り さっちゃんの家
幸のモデルになった家周辺は、前記事でも紹介した通り見返り橋付近に存在しますが、実際は空地となっています。但し、非常に類似した構えの民家が三国町内に、何件か存在するとも。
Glasllip ep02 (18)
Glasllip ep02 (19)
Glasllip ep02 (20)

 通常の観光ルートにも含まれる、三国湊きたまえ通りの一角から三国情緒溢れる一軒に地元の方の計らいもあってお邪魔することができました。市から認定を受ける福井の旧家。元は米を扱う商家だったようです。さすがに室内は随分と違いますが、木枠配置が一致する窓から入る西日は、劇中のそれと一致する紛う事なき三国の情緒。
 三国祭りや行事のある時には、室内に襖を立てて準備をするとかで、さっちゃんの部屋(?)に相当する茶室部分も、綺麗に装飾されるそうです。

Glasllip ep02 (10)
国道305号線 加戸神社周辺:
雪哉告白のシーンで、ベンチが設置される背景部分のモデルと思われる場所。実際にはベンチではなくてビニルハウスが見受けられますが、脇に通じる道路や道路標識などの配置が酷似。国道脇に沿って広がる緑の田と、ほんのり紅がかりだした空との対比が情感を誘う、ここも中々素敵な場所です。

Glasllip ep02 (11)
Glasllip ep02 (12)
Glasllip ep02 (13)
カフェ コトノハ:
 毎度おなじみの、カフェ カゼミチことコトノハさんから。今回も残念ながら劇中のマスターのセリフは聞けませんでしたが、店の内装によく一致した場面が登場。入口まえの看板や、陶芸家作品の並ぶディスプレイのカットなんかも非常に印象的でした。個人的には、Bパートで高山やなぎが腰かける席から奥に延びる構図が今回のコトノハお気に入りカットです。
一話程で無いにしても、やはり物語の中心になる場所としてたくさんのカットが出てきますね。

Glasllip ep02 (15)
初夏を過ぎて、コトノハ前の青葉の茂る頃。
折角なので、雑誌(メガミマガジン)掲載と近しい構図で店外観の撮影を行い、合成してみました。描き下ろしの版権絵の方では、青空が良く見えるよう少し木の位置を変えているようです。

Glasllip ep02 (14)
ワタリグラススタジオ:
未回収です。じっくり訪問できる、まとまった時間が欲しいですね。
なお、ワタリグラスさんでは基本バーナーワークによる製作は行ってない模様。劇中にみるトンボ玉も販売はされていないようです。


【おまけ】
DSC02888.jpg
予告の「ポリタンク」の舞台について。7/12中に「刈安山」がモデルであるらしいとの情報を得、コトノハのマスターに書いて頂いた地図を片手に急行。


Glasllip ep02 (23)
Glasllip ep02 (21)
Glasllip ep02 (22)
予告に見られた展望台の他、PVで見られたロッジなんかも山頂付近にて確認。道中道幅が車両一台分くらいしかないところも多く、登山するにも結構な距離ありそうなので、なかなか難儀しそう。




Glasllip ep02 (25)
もう一点、7/19からの三國湊座Xグラスリップのコラボ企画に合わせて、同点で先行販売予定の関連グッズから、背景に使用される舞台を回って来たので追記。幸の背景のみ、不明。他5つの背景の選定を考えると観光ルートから大きく外れないとは思うのですが、旧岸名家ではないっぽい…。
(単体のイラストが公開された時点で「うおしろう」さんであることが判明。3話の記事にMAPを掲載しました。)
なお、三國湊座でのグラスリップコーナーの特設について、詳細は以下から。
PA公式HP: http://www.pa-works.jp/minatoza/
三國湊座HP: http://mikuni-minato.jp/za/topics/865


■ 先週に引き続き車を出してくれたテラビッチさん、一緒に回って頂けました、だよもんさん・甲山タイガースさん、google mapによる特定情報を頂きました背景坊主さんにお礼申し上げます!

■kmp_styleでは、グラスリップ探訪に際して最終的に一冊のブックレットに仕上がるよう、試験的にデザインしています。作品の探訪を重ねるごとに、改訂していく予定です。暫定版は以下から。
【グラスリップ 探訪MAP β版】
Glasslip map cover


より大きな地図で グラスリップ聖地巡礼の足跡β を表示

■一部画像を比較研究目的で使用しています。
 作品画像を含むすべての著作権は(C)カゼミチ/P.A.WORKS/glasslip projectに帰属致します。

■過去記事
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP01編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -PV2編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -PV1編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -鑑賞会-
「グラスリップ」の舞台を巡る -コトノハ編ー
スポンサーサイト
 

コメント

こんにちは。

巡礼マップ更新を毎日楽しみにさせて頂いてます(*^^*)
僕は地元勢で最近、休日にコトノハさんにお邪魔していますので、機会があればグラスリップの話題で盛り上がりましょうO(≧∇≦)O
2014/ 07/ 16( 水) 23: 41: 19| URL| えすシン# JPG8Eu66[ 編集 ]
 
誰かに話したくてたまらなくなりました。
母子家庭で8歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある場所でうわさになっていた掲示板を知りました。
苦しかった生活が一変しました。
不労所得が簡単にできるんです。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
2014/ 07/ 17( 木) 07: 56: 13| URL| 可絵# 27Yb112I[ 編集 ]
 
書き込みありがとうございます!
毎週とは行きませんが、土日主に午前に撮影でコトノハさんにお邪魔していることが多いかと思います。タイミング合えば、コトノハさんで地元の魅力なんかを聞かせてもらえばと思います!

> こんにちは。
>
> 巡礼マップ更新を毎日楽しみにさせて頂いてます(*^^*)
> 僕は地元勢で最近、休日にコトノハさんにお邪魔していますので、機会があればグラスリップの話題で盛り上がりましょうO(≧∇≦)O
2014/ 07/ 17( 木) 21: 15: 38| URL| にーぷー# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kmpstyle.blog.fc2.com/tb.php/166-ee4e1ce8