FC2ブログ

グラスリップの舞台を巡る -ファン ミーティング編-

三度目の、出会った夏。

海の日を迎えて2016年7月18日。
「カゼミチの便り - 三度目の夏- 」と題された催しは、放送当初からアニメ「 グラスリップに魅力を感じ、舞台のモデルとされる三国を中心に活動されている「日乃出浜実行委員会」のメンバーにより企画され、セッティングが進められてきました。

早いもので3年、初回放送を実行委員の方々と福井県坂井市三国町のカフェ sama samaさんの大スクリーンでリアルタイムに視聴したことも懐かしく、またしばらく仕事に詰めていて久しぶりにカフェ コトノハさんでゆっくりしたい気分でしたので同イベントに参加してきました。当日の様子を、レポートしておこうと思います。

glasslip fan meeting 160718 00
ミーティング会場は透子たちの集うカフェ カゼミチこと、おなじみカフェ コトノハさん。
北陸の梅雨はまだ明けておりませんが、雨上がりの湿気にセミの声を乗せて、既に本格的な夏の到来を感じさせるに十分な様子でした。

glasslip fan meeting 160718 41

glasslip fan meeting 160718 42
時間がさかのぼりますが、今年4月にグラスリップ舞台の地の桜を収めに、三国を訪問した際の写真を掲載。この際感じたところ、シビアな話、いわゆるアニメ聖地へのファン牽引力は作品人気に依るところが大きく、長期間の来訪率維持というのは簡単に達成されるものでもなければ、論じること自体も簡単ではないのだろうということ。駅舎施設や町中で、ポスターの掲出が終了してるのを見かけては、ファンとしては少々寂しさを感じるところでもありました。

glasslip fan meeting 160718 02
今回は、そんな中での地元有志の活動ということもあり、応援の意味合いも込めて赴きました。

カフェ コトノハさんの入り口に掛けられている、深水透子役の深川芹亜さん他 グラスリップ声優陣6名のサイン入りポスターがお出迎え。閉じたドアの向こうに綺麗に整えられ、今も大切に飾られていました。


-セッティング-
glasslip fan meeting 160718 04

glasslip fan meeting 160718 06

glasslip fan meeting 160718 05

glasslip fan meeting 160718 07
ファンのお手製、透子・やなぎ・幸っちゃんの素敵なウェルカムボードも用意されいました。初回放送のイベント時にも、キャラクターのラミネートコースターを作ってきてくれた女の子が今回も腕を振るってくれたとのこと。

glasslip fan meeting 160718 08

glasslip fan meeting 160718 09

glasslip fan meeting 160718 10
今回のグラスリップの上映は、機材を三国のカフェ sama samaのご協力でお借りし、セッティングしたそうで、音響設備に強いファンが入念にチェックされていることもあり、適度な大きさの空間に大迫力かつ心地良いサウンドを楽しめるように工夫されていました。

glasslip fan meeting 160718 11
当日は、透子ちゃんの大判タペストリーも室内に展示。

glasslip fan meeting 160718 11(1)
kyoto figureさま原型で、この記事を書いているわたくしフィニッシュ担当の「深水透子フィギュア」も展示させて頂きました。原型師様 ご本人も巡礼趣味で同カフェに訪れているということで、相変わらずこちらのカフェにはモノづくりが好きなお客が寄り付くようです。
透子ちゃんの製作期「グラスリップの舞台をめぐる -深水透子を作る編-」は、リンクからどうぞ。

glasslip fan meeting 160718 12

glasslip fan meeting 160718 13
カフェ 屋外では、ファンによる痛自転車も展示。

-カフェ カゼミチ ・  グラスリップ上映会-
glasslip fan meeting 160718 14
ファン同士のPA談義もそこそこに、お待ちかねのグラスリップ上映。本放当時の新鮮さを思い起こしながら、透明な世界、その物語の中に惹き込まれていきます。

glasslip fan meeting 160718 15
オープニングは、コトノハのマスターの鼻歌を交えて。
胸のなかーでー ざわめいてーるー

glasslip fan meeting 160718 16

glasslip fan meeting 160718 18
「一話 花火」。 今年から三国花火は山の日に開催されますが、一足にお先に、アニメの中の、水中花。


glasslip fan meeting 160718 20

glasslip fan meeting 160718 21

glasslip fan meeting 160718 22

glasslip fan meeting 160718 23
セミの声もしっとり響き渡る緑に囲まれた空間で、夏の情緒を最大限感じながら鑑賞するグラスリップ。
告白のシーンとか、みんなで見るとなんかちょっと恥ずかしくなるよね。こっぱずかしくなる。

-ランチ & デザート-
glasslip fan meeting 160718 24
「3話 ポリタンク」はランチを頂きながら鑑賞。
glasslip fan meeting 160718 25

glasslip fan meeting 160718 26
ランチはもちろん、やきそば withべにしょうが大盛。カフェコトノハさんで、手打ち以外のそばを食せるとは思いもしませんでした。

glasslip fan meeting 160718 28
食後乾いた喉に、癒しのラムネが振る舞われました。サイダーじゃなくて、ビー玉のちゃんと入っているラムネ。
一話にちなんだ、心憎い演出でした。半数以上の参加者が、泡が噴き出してあたふたしたのも、それもまた良し。

glasslip fan meeting 160718 27
お茶受けにぴったりの、かわいいミニシュークリーム(chigu chigu)。グラスリップの第一話放送時のファンイベントに、やなぎのリボン アイシングクッキーを作って下さったMille Graines (ミル グラン)さんの提供。
ミル グランさんと、機材の提供を下さったsama samaさまについては過去記事に掲載していますので、三国にグラスリップ巡礼を計画されている方は合わせて是非どうぞ。
「グラスリップの舞台を巡る - 鑑賞会-」

glasslip fan meeting 160718 29

glasslip fan meeting 160718 30
デザートには、おなじくミル グランさんが腕を振るってご用意くださった、グラスリップ キャラケーキも登場。マスカットとメロンをふんだんに使った、みずみずしいフルーツケーキを堪能させて頂きました。


-ファンミーティング  コトノハ・セレクション-
glasslip fan meeting 160718 31
今回のイベント企画で、グラスリップのみならず同カフェのファンの誰しもがワクワクしながら見入っていたであろう、コトノハ店内のシーン集、行っときましょう。
glasslip fan meeting 160718 32
カフェ コトノハ店内で映し出される、カフェ カゼミチ の看板。

glasslip fan meeting 160718 33
カフェ カゼミチで語らうグラスリップ ヒロインズのやり取りを、カフェ コトノハ同席で見守るグラスリップファン。
アニメ側の世界を、モデルになった舞台を通して続けざまみる、不思議感覚。

glasslip fan meeting 160718 35
こうみると、

glasslip fan meeting 160718 34
改めて、

glasslip fan meeting 160718 36
店内をただトレースするだけじゃなく、お店の雰囲気の再現度も高いなぁ…っと。

glasslip fan meeting 160718 37
編集執筆しながら気づいたんですが、ファンの方の服の色、女性ファンが透子ちゃんのピンクと同じだったリ、みんなカラフルなんだけど、なんか劇中の彩色を意識してたんでしょうかw

glasslip fan meeting 160718 01
交流会を終えて。
今回は1~4話を通しで視聴。県外からのファンも集まり、リラックスした素敵な時間をお互いに過ごせた様子でした。グラスリップは元より、そのほかのPA WORKSさんの作品も合わせて楽しんでおられる方が多い印象でした。

「人類には早すぎたアニメ」、などとグラスリップを差してよく形容されるようです。上映会で改めて視聴し、個人的にはその難解さの大部分は、本作もう一人の主人公の駆の人物像にありそうな気がしています。謎多き転校生、沖倉 駆。風の又三郎もキャラメイキングの段階でモデルとされているようですが、浮草のように一処に留まれない在り方だとか、それゆえの望郷感の喪失とかアイデンティティのゆらぎとか…。そんなコンプレックスを混合したものが駆の中にあるのだろうかと感じました。

「扶養家族だからね。ある程度は仕方ないよ。」
この卓越したような物言い。やっぱり駆は難しい。

glasslip fan meeting 160718 37
日乃出浜実行委員会からは、未確定ながら今後もこの上映会を開きたいとのこと。ファンが一緒になって楽しめる場所と企画、その交流のドアを開けて頂いているのは本当に有り難い。

闇朱さんはじめ、日乃出浜実行委員会の皆さま、コトノハのマスター、参加されたファンの皆さま。楽しい時間をありがとうございました。

そろそろ梅雨明け。三度目の夏が本格的に始まりますね。

■一部画像を比較研究目的で使用しています。
 作品画像を含むすべての著作権は(C)カゼミチ/P.A.WORKS/glasslip projectに帰属致します。

■記事作成に当たって、方針・内容に不備不適切があれば善処致しますので、お知らせ頂ければ幸いです。

■ 過去記事
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP12 花火(再び)編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP11 ピアノ編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP10 ジョナサン 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP09 月 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP08 雪 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP07 自転車 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP06 パンチ 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP05 日乃出橋 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP04編 坂道 -
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP03 ポリタンク 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP02 ベンチ 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -EP01 花火 編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -PV2編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -PV1編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -海の「幸」 魚志楼編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -深水透子を作る編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -三国花火 巡礼編 2015-
「グラスリップ」の舞台を巡る -三国花火 探訪編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -三国花火 準備編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -キャンドルプロジェクトー
「グラスリップ」の舞台を巡る -コトノハ編-
「グラスリップ」の舞台を巡る -鑑賞会-










スポンサーサイト



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kmpstyle.blog.fc2.com/tb.php/221-ae246676