トレフェス NEO 有明1 参加録&フォトレポート

去る5/5に、東京はビックサイトで開催された玩具の祭典「トレジャーフェスタ(トレフェス)」に参加してきたので当日のレポートを。リセットされ、体制が新たになったTF "NEO"。その第一回目の様子をディーラーの作品を観覧する形で見て回ってきました。

今冬のWF2018冬と変わって、①静物を②暗所で③被写界深度を深く撮影することを目的に、今回からカメラの装備を変更し「Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ+ZUIKO12-100mm」で臨んでいます。当日はWonder Showcaseのスタッフさんも会場の作品を撮影していらして機材について少しだけお話しすることが出来ましたが、混み合う中を頻繁に移動し手際よく歩止まりの確実な写真を得るのには軽量小型はやはり便利なようでM4/3でお仕事されていました。が、14:00までは接客を続けてから一部撤収するディーラーもある中、あわてて撮影に回ったこともあって不慣れな新機材で手ぶれ機能をオフのまま使用を続ける大失態をしてしまったので、残念ながら本機のイベント撮影における真価は未検証のままとなってしまいました。

そんなわけで、ショボい撮影結果になってしまいましたが、それでも沢山の魅力ある作品を目にして楽しんで撮影してきましたので、その辺も併せて以下に紹介していきましょう。

TF NEO ariake1 01
前日は東京人形町周辺で開かれた「女神前線」に引き続き、一泊して有明 ビックサイトへ。何気にビックサイトへ訪れるのは初めてだったりします。これがあの、コミケとかやってるとこなのね。

TF NEO ariake1 02 
会場は東3ホールで、設営準備のために9:00の到着となりました。

 Kyoto Figure
TF NEO ariake1 03 
前日の仕事を終えて、京都より夜通し走り通してきたKyoto Figure様と会場で合流。セッティングを行いました。

TF NEO ariake1 04 
Kyoto Figureさんからは今回の注目は、新作の「カトラス」。WF2018夏に頒布するアイテムをいち早くお披露目。TF終了後に間をおかずしてWFの本申請を迎えますので、この時点で審査用の原型がほぼ上がっているのが羨ましい限りです。ちな、自分のWF用新作アイテムはこの時点で完成度20%位なので、本イベントが終わってからも修羅場は継続。泣きをみることになります。

TF NEO ariake1 05
今回は久々に「紫電改のマキ」を持ち込んでのプチ野上先生作品祭りとなりました。いかんせんガルパンより知名度の落ちてしまうマキですが、コアな野上先生ファンの来場もあり熱心に撮影をして行って下さいました。

TF NEO ariake1 06 
新作の「轟雷 早秋の自由帳 EDITION」。アニメの放送でさらに人気の付いた印象もあるFAガールでですが、コアなファンの間では同人原作の元イラストの魅力を知っている方もおられ、熱く語り合うことが出来て作った甲斐がありました。

TF NEO ariake1 07 

TF NEO ariake1 08
ブースにお越し下さった方の中には、自身で製作されたカワイイ作品をお持ちの方もおられました。折角なので、ブースのセットを使って記念撮影を(星永さん、天村さん、レイさん、ありがとうございました)!

もうちょいビシッと決まった写真が取れてたらよかったのぅ。

ブースを利用した、FAガール・メガミデバイス・DTAや神姫のファンの皆さんとの交流というのも非常に面白かったので、ワンフェスの際にもフリー撮影スペースみたいなのを設けて楽しんでもらえるようにしたいですね。

■ 工房金竜
TF NEO ariake1 09 
今回お隣さんだった「工房金竜」さん卓より。開場前の準備風景。

TF NEO ariake1 10 
かわいいペパプセットが二種展示されていました。台座が合体出来るデザインで、6人を一所に並べることも。吉崎先生の絵を元に立体化ということで、初出のタイミングでは6人揃えることに夢中になって生産のことは二の次になってしまったとかw 一緒に頒布していた塗装済みのペンギンたちは、ペパプを応援する形でディスプレイされていたのですが、好評のため完売となっていました。

なお、こちらのセットは次回WF2018夏にも再販予定のようです。

TF NEO ariake1 11 
元気な愛らしさ、イワビー!! 管理人はWF2017Wの時にディーラーメンバーが話題にしているのを聞いて見始めた"けものフレンズ"でしたが、ペパプの中では努力家のロイヤルペンギンが好きかな。

キャラクターものに限らず、実在の動物フィギュアもこなされる工房金竜さん。同じく北日本からの遠征ということで随分色々お話しさせて頂きましたが、動物好きが伝わってくるとっても楽しいお方でした。

■ オーケンタウン
TF NEO ariake1 12 
堀川 国広 (原型:オーケン様)
同じくお隣卓より。イベント出展としては処女作となるとのことですが、繊細な造りと塗装に存在感のあふれ出る造形が印象的でした。美大生ということでしたが、ワンフェスなんかも含めて実力派の学生さんの出展も多いですね、この界隈。


■Loat-Faker
TF NEO ariake1 13(1) 
白狐 娘 (原型: Loat-Faker様)

TF NEO ariake1 13
交流のあるイラストレーターさんのオリジナルキャラクターの立体化のようですが、和風好きとしては非常に興味があったので訪れてみたところ、すでに完売でした。SNSでは彩色版が紹介されていたので期待していたのですが、次回のイベントでは是非色付きで撮ってみたいなぁ。

■ キツテフ
TF NEO ariake1 15 
財神后酉 (原型:キツテフ 様)
和風オリジナルの素敵キャラクターを製作されているキツテフ様より最新作。イベント直後から通販も始まっています。

■ 物造
TF NEO ariake1 16 
可動マフラー&サークルブレードセット(原型:メカ氏 様)
ウルトラマン超闘士やSDガンダムを精力的に造形されているメカ氏様からは、今回は1/12スケール用のオリジナルアクセサリーが発表されていました。マフラーいいなぁ。ウチの迅雷ちゃんにも作ろう。

TF NEO ariake1 17 
小日向未来 ~神獣鏡(シェンショウジン)~ (原型:GRO様)
シンフォギア関連も許諾がかなり遅かったようでしたが、会場で何点か発表されていました。1/12スケールはものとしては小さいけど、一から可動物として作るとやはりかなりの作業量になるので、完成に漕ぎつくのはキャラクター愛のなせるわざだなぁ。

■模型工房ブレインズ
TF NEO ariake1 18
 万景岬92号 他 (原型:リッド様)
大阪発のディーラー様より、貨物船シリーズ。中々際どいところを突いてきます。こちらの方面はあまり造詣が無いのですが、戦艦なんかより一般ピープルも含めて人気が高いのは旅客・貨物船なんだそうです。大手模型メーカーでなく、ディーラーが出来そうなところをしっかり考えてアイテム化されているようで、流行りの3Dではなく手製であるところも特徴的でした。

TF NEO ariake1 19 
パケ絵は、なんとコダワリの手書き。味わい深さが振り切れていましたw

■まん点工房
TF NEO ariake1 20 
1/144 エレファント (原型:まん点工房 様)
懐かしのセガサターン用ゲームソフト「ガングリフォン」よりエレファントの立体化。今回は展示のみでした。

■スキマ堂
TF NEO ariake1 21 
ダ・ヴィンチ 小さい方 (原型:ザキブランド 様)
FGOより、ダヴィンチ。元イラストに忠実に細かな装飾まで再現された作品でした。

TF NEO ariake1 22  
ダ・ヴィンチ 大きい方 (原型:ザキブランド 様)

■鋼人商会
TF NEO ariake1 23 
Z-STAR ゼスター(原型:塚尾 吼 様)
オリジナルでデザインされたロボ。フレーム状態の再現までご自身で考えられたようです。ラムネ40で出て来るメカに近しい体系でしょうか。センスの良さと共に、どこか懐かしさを感じる作品でした。

■ 五菱重工
TF NEO ariake1 24 
アズール レーン 高雄 (原型:めーん 様)
撮って楽しいジオラマ仕立ての作品。本編の水着イベントも季節外れでしたが、こちらも夏を先取りで発表されていました。夏のWFでも申請されているようですね。

TF NEO ariake1 25 

TF NEO ariake1 26 
五菱重工様といえばエッチングメガネ。エッチングメガネと言えば五菱重工。といつつ、ワンフェスでは買い逃してばかりでした。トレフェスは幾分ゆったりしてるので、撮影がてら1/12の物を二セット購入。
エッチング製品ってどうやって用意するのだろうと興味があって質問させてもらいましたが、他のディーラーさんでもそうでしたが図番のみ設計して後は外注してるんですね。

■KID'S COMPANY
TF NEO ariake1 27 
シルフィー カスタムキット(原型:ろく 様)

TF NEO ariake1 28 
先日はコトブキヤさんよりFAガール版の予約も始まったシルフィー。本家デスクトップアーミーの方も第一作からアップデート版も出ているところですが、こちらは見ているだけでシルフィー好きが伝わってくる作品でした。

■兎は亀
TF NEO ariake1 29 
ニットワンピのおねいさん(原型:兎は亀 様)
元イラスト等は無く、オリジナルの作品から。写真等を見ながらポーズを参考にアイデアを練っていったそうです。残念ながら完売してしまっていましたが、再販の検討はしているとのこと。WF2018夏も当選されているようなので、期待です。次回イベントでももう一度きっちり撮影させてもらいながら、キットも是非入手したいところ。後椅子の塗装についても伺っておけば良かったなぁ。

■B計画で行こう
TF NEO ariake1 30
恋媛みかん箱セット・畳 (原型:せーご 様)
1/12スケール対応の小物より。この畳、ただの畳ではない。中にステンレスが仕込まれているので、ネオジム磁石を装着した足パーツを畳表面に固定出来てしまうところが秀逸。訪れた時にはすでに一畳サイズのものは全て売り切れてしまっていました。畳のディティール自体もクオリティの高いものですが、面白いもの作るなぁ。 

■ PSG
TF NEO ariake1 32
マリーストライクローダー / FAガール ディフォルメマスコット (原型: PSG 様)

TF NEO ariake1 33 
今回全くノーマークだったディーラーさんです。というか、神姫関連が盛んだったころから有名なディーラーさんだったようです。FAガール公式のアイテム、って言っても信じちゃいそうなくらい素晴らしいデザインのミニFAガールが発表されていました。もうすでに、轟雷・スティレット・マテリアなんかも過去のトレフェスで製作されてたようです。

TF NEO ariake1 34 
今回は展示のみだった迅雷ちゃん。これは欲しい。絶対欲しい。次のイベントで買い行こう。

■ イグルーシカ
TF NEO ariake1 35 
■ 要撃戦闘機 Σignal Sz-114 (原型:Sparrow S.A.様)

TF NEO ariake1 36 
■ R-101 GRAND FINAL(原型:Sparrow S.A.様)

「工作部屋」さんのシルフィードPC-88を見にいくの、忘れてたなぁ…と今さら気づく。

■ デモリションマン
TF NEO ariake1 37 
Sway (原型:デモリションマン 様)

■ACT-kNife
TF NEO ariake1 38 
メガミ改造パーツ「ウォーリア」(原型:西崎 和希 様)
メガミデバイス対応の改造レジンキット。5個のみの持ち込みで速攻で売り切れてしまう人気だったようですが、即日アナウンスされた通販分もやはり速攻で上限に達してしまったそうです。1/12可動フィギュアを数多く手掛けられていることもあって、非常にデザインに対しても引き出しの多さが感じられました。

■Kuni20xx
TF NEO ariake1 39 
アズールレーン ベルファスト(原型: Kuni20xx 様)
WF2018冬から出始めのアズレン関連の立体も、トレフェスでは注目を浴びていました。これを書いてる時点でWF2018夏の本申請も締め切られましたが、SNSを見ているとさらに人気が集中しそうな感じでしょうか。艦これと、申請数の上でどんな比率になるのか興味のあるところです。

■ ひっそりろふと
TF NEO ariake1 40 
迅雷顔パーツ (原型: suu様)
今回もお世話になったsuu様卓より。ウチの迅雷ちゃんをもって殴り込み。前回買えなかった顔パーツを購入することが出来ました。これで少しはウチの迅雷ちゃん達も勇ましく…なるのかなぁ。
今回はWFからも日が浅いということで少量生産だったようですが、夏に向けて増産するそうなので会場で見つけたらこっちもよろしくね!

TF NEO ariake1 41 
フリント (原型:suu 様)
ガルパン最終章より、フリントの新作展示。Kyoto Figureさんでのカトラスも含め、サメさんチームでの合わせも行われたようです。ブースでレジしてて、撮りそこなったのが悔やまれる。

■ SB4黒鈴小径
TF NEO ariake1 42 
エレナ・ブラヴァツキー(原型: Nimbus 様)
Z Brushによるデータモデリングを駆使されるNimbus様の作品から。見えてないけど、胸にある装飾なんかもかなりこだわって造形されているようです。次回の新作もエレナのようですが、こちらも期待。

■R17?
TF NEO ariake1 43 
振り向きナナチ (原型:mamo様)
こちらは、WF2018冬でヒャッカちゃんを撮影させて頂いたディーラーさまから。

■Off-Scouring
TF NEO ariake1 44 
サルガッソーのムラカミ (原型:KAZZ 様)

■でっどすとっく
TF NEO ariake1 45 
アズールレーン 綾波(原型:詭計堂様)

■Wooper製作所
TF NEO ariake1 46  
メガミデバイス 朱羅用ボディーパーツ(原型:Wooper様)

TF NEO ariake1 47 

TF NEO ariake1 48 

■ オクラ模型
TF NEO ariake1 49 
サクラクエスト 小春由乃(原型:higoshi 様)
初めて参加した模型の即売会が神戸トレフェスでしたが、そこで手にしたのがオクラ模型さんの藤宮さんでした(https://www.tinami.com/view/816657)。旬のアニメから、キャラクターの魅力を引き出す造形をされる実力派の原型師さんの印象を持っていたのですが、久々に実物の立体作品に出会えて感無量。

TF NEO ariake1 50 
ゆるきゃんΔ 各務原 なでしこ(原型:higoshi 様)
前回のトレフェスでも出展のあった、ゆるきゃんキャラ。こちらも大人気でした。

■i2forme
TF NEO ariake1 51 
吹石 花 2016 10 ver. (原型:富士宮 様)
ディーラー初参加でZ Brush coreによる作品を発表されていました。原作を知らないのですが、破綻無くまとまったポージングに目が止まって撮影させて頂きました。照明が焚かれていたのも、出展に当たって随分練られたのだろうなぁと。そろそろ、所属している当ディーラ―でも照明の導入を考えたいですね。


■総括
何とはともあれ、まずはトレフェス・ネオ 有明1ではKyoto Figureに寄せて頂いたディーラー・一般参加者の皆さま、誠にありがとうございました。ご購入頂いたキットにパーツの欠品などありましたら、お手数ですが期日までにご連絡頂けると幸いです。また、版権許諾を頂きました版元様にもこの場を借りてお礼申し上げます。各ブースにて撮影に応じて頂いた皆さまも、素敵な作品をありがとうございました。

個人的に嬉しかったのは、初めて作った紫電改のマキ「羽衣マキ」をKyoto Figureさんの野上作品キャラと一緒に並べられたことでしょうか。もう一点は、ブースにお越しの参加者さまに作品を見せて頂き、一緒になって楽しませて頂いたことです。この辺りは、次イベントでも期待したいところなので、出展予定のアイテムにも合わせて夏祭りか縁日っぽいフリー撮影スペースなんかを配置できたらなぁ…と考えている途中です。

撮影に関しては、過去の結果と比べてもさっぱりで眠い絵ばかり量産してしまいました。考えてみればこれまで手ぶれ補正の無い機材ばかりでやってきましたが、今回は補正機能がつくのでこれくらいまでシャッタースピードを下げても行けるはずだ、などと勝手に思い込んでいたのがダメダメでした。まさか、手ぶれ補正オフになってたとか。ワンフェスまでの間に、何かしらの模型イベントで今回の機材の有効性をもう一度検証してみようと思います。

正直なところ、過去に観覧しに行ったトレフェスとの大きな差をみとめるところでは無かったのが率直な感想なのですが、閉幕に合わせて「トレフェス オンライン開催」という大きな報が入ってきました。版権の扱いをどのようにされるのかも含めて、ここら辺は非常に興味のあるところです。

■次回は…
WF2018夏に「神聖マタンゴ帝国」から出展します。トレフェス後に立て続けでワンフェスの本申請でしたのでそれだけでGWが終わってしまった感がありますが、取り敢えずは後は許諾を祈るばかりです。

今回も頒布させて頂いたメガミデバイス関連のサポートアイテムについては、いくつかワンフェスでも再販を考えたいと思います。ブレストユニットLL ソフトタイプについては、単品売りの有無についての問い合わせも会場で複数頂きましたので前向きに対応を考えたいと思いますが、転売されている現状も考えるとお引き渡しの条件を付けると思います。

版権物については、許諾が出揃った段階で改めてアナウンス出来ればと思います。「Kyoto Figure」さんの方も今回原型展示された「生しらす丼にカトラス」を始めガルパン中心に展開されるハズなので、こちらもチェック!!

以上、トレジャーフェスタ・ネオ 有明1のレポートをお送りしました。では。











スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kmpstyle.blog.fc2.com/tb.php/353-e72affdb