光立つ河

北陸も梅雨入りの今日この頃、今年もホタルのシーズンがやってきました。毎年訪れているスポットに向けて、今回も撮影に行ってきました。2018 hotaru 01

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 14, ISO400, 90mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 

今年は昨冬の大雪の影響がどうでるか、ホタル出現の時期が読みにくいところでしたが、6/9、この日の天気はまずまずで気温も20時あたりで20度付近。天気予報では4m位の風速ということでしたが、現地ではほぼ無風になっていましたのでコンディションは良好でした。


2018 hotaru 02

【α7sLE-EA4+SAL1635Z, f2.8 14, ISO3200, 28mm, 比較明合成 


2018 hotaru 03

【α7sLE-EA4+SAL1635Z, f2.8 14, ISO3200, 28mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 

これまでと違った撮影もしてみたいということで、星景にもチャレンジしたかったところでしたが、現地の天気が曇りということもあってちょっと厳しい感じ。雲間を狙って試してみました。20枚程撮りましたが、雲が張り出して来なければもう少し粘って星の軌跡を伸ばしたかったところ。


2018 hotaru 04

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 9, ISO3200, 110mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 

川面に写る、蛍の光。観察のメインスポットから外れる上に、時刻も深夜を回っているので静かに眺めることが出来ます。 


2018 hotaru 05

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 10, ISO3200, 160mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 】

管理人も大好きな、漆原友紀氏の名作「蟲師」の世界観を思わせるような光景。アニメ版のSEが聞こえてきそう。氏の作品は五界説の系統樹を掌に見立て、ちょうど腕の付け根に当たる生物の根源に最も近しい存在「蟲」を新たに創作して物語を繰り広げていく訳ですが、これら蟲を加えて万物に共通する生命そのものを「光酒(こうき)」という名称でイメージ・設定化されているようです。命あるホタルの一群が川を伝って流れていく様子は、なんだか足元に浮かぶ一筋の光酒、「光脈」を見ているかのようでした。


2018 hotaru 06

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 11, ISO3200, 200mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 


2018 hotaru 07

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 12, ISO3200, 200mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 


2018 hotaru 08 

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 8, ISO3200, 150mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 

清流の側、林に遊ぶホタルも撮ってみました。


2018 hotaru 09

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 9, ISO3200, 100mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 


2018 hotaru 10

【α7sLE-EA3+SAL70200G, f2.8 12, ISO3200, 70mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 


2018 hotaru 11 re

【α7sLE-EA4+SAL1635Z, f2.8 15, ISO3200, 28mm, PRO1D PRO SOFTON[A](W), 比較明合成 


これから一週間、降水確率の高い日が続くので、この日を逃すまいという気持ちで訪れたホタル観賞でしたが、今年も無事に見ることが出来ました。冬の豪雪の影響か一部ホタルが休む木が折れて無くなってしまっていたり、生息域を示す立て看板が壊れて川底に沈んでたり、例年この時期に設けられる車両通り抜け禁止の制限が無くなってしまっていたりと気になる点も多くありますが、なんとか長らくこの自然が保たれて欲しいところです。

 

6月に入って県内各所でまだまだホタルを楽しめる時期が続くと思いますが、クマ出没のピークも同月になることが多いので注意が必要です。現地に行く前に、情報の収集と対策を立てることをオススメします。


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kmpstyle.blog.fc2.com/tb.php/357-33a77fe7