FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

夏旅2018 Day5 - 大阪 猪名川花火 –

お仕事2日目の東京滞在を終え、ギリギリで間に合うプランで大阪へ。今回の夏旅の直前に更新した三国花火の記事でも記述したとおり、今夏2回目の花火撮影に臨みました。今回はしょーもないミスを防ぐために設定をしっかりと確認。


inagawa FW 2018 01

【α7LA-EA4 + SAL1635Z, f4.5, 1/800, ISO800, 26mm

阪急梅田より、すでに見物客で混み出している宝塚線に乗車して曽根駅で下車。梅田からだと、池田に向かう急行列車は満車。曽根駅に停車する普通列車も混み合いますが、いくらかはマシでした。駅からは自転車を飛ばして、マジックアワーの直前に滑り込み。猪名川花火の初見物のため、大阪空港南を流れる千里川土手にやってきました。


事前の情報では千里川は横に広いので、場所取りも比較的容易とのこと。実際、土手の北側にある空港敷地を隔てる柵の低い場所に三脚を立てることが出来ました。実はこの位置からでは花火撮影に適していないということも知らず…。


inagawa FW 2018 02

【α7LA-EA4 + SAL1635Z, f4, 1/800, ISO800, 16mm


inagawa FW 2018 03

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/100, ISO800, 280(420)mm

ランディングの瞬間、周りから連射の音がたくさん聞こえてきます。過去に撮影された方の記事を読んでいると、望遠も300mm位で大丈夫そうに思えましたが、機体を大きく写すにはそれ以上の距離が必要になるケースが多かったです。


inagawa FW 2018 04

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/100, ISO800, 280(420)mm


inagawa FW 2018 05

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/100, ISO3200, 230(345)mm

日が暮れて、辺りも少しずつ暗やんできました。これは、主翼の先端が垂直に立つ「ウイングレット」の形状を採っているみたいなので、ボーイング737-800ということになるんでしょうかね。

 

このシチュエーション、東京FMの「ジェットストリーム」を思い起こさせます。実際にラジオで聞いたことはありませんが、家に飾られてあった親のCDコレクションの中、夕日に飛行するジャンボジェットを写したジャケットが記憶の中に刷り込まれているため、個人的にはジェットストリームと言えばマジックアワーを含めた時間帯が想起されます。



inagawa FW 2018 07

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/250, ISO6400, 135 mm


inagawa FW 2018 08

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/100, ISO6400, 250(375)mm

APS-Cモードで焦点距離を稼ぎながら現場で対応していますが、こういう状況が出てくると高画素機も使ってみたくなります。


inagawa FW 2018 09

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/100, ISO6400, 230(345)mm


inagawa FW 2018 10

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5, 1/50, ISO6400, 100(150)mm


inagawa FW 2018 11

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5, 1/50, ISO6400, 100(150)mm


inagawa FW 2018 12

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f6.3, 1/2, ISO800, 300(450)mm

花火が始まりました。土手の北側で待機していましたが、まず飛行機がやってきません。どうがんばっても撮れそうにないので、途中からメイン滑走路近辺の方まで土手をな南下することにしました。


inagawa FW 2018 13

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f6.3, 1/2, ISO6400, 300(450)mm

花火は既に始まっているものの、なんとか開いている場所を確保し直すことに成功。帰り際に知りましたが、撮り慣れているカメラマンの方はかなり大きな脚立を持ち込んで土手南方の方で柵越しにセッティングされていたんですねぇ。皆さん三脚も、本格的なものを並べられていました。


inagawa FW 2018 14

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f6.3, 1, ISO400, 200(300)mm

実際に撮影に臨んでみると、これまで経験してきた花火撮影とはかなり別物のような気がしました。現場で初めて知りましたが、旅客機が停止していることがほとんどないため、車体を止めながら花火も花火らしくみえるギリギリの設定をその場で試行錯誤しなければならず、終始緊張感のある撮影でした。


inagawa FW 2018 15

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f6.3, 1/40, ISO6400, 200(300)mm


inagawa FW 2018 16 

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/13, ISO1000, 300(450)mm


inagawa FW 2018 17

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f8, 1/50, ISO6400, 300mm

花火も終了したところで、せっかくなので滑走路を離発着する夜のジャンボの撮影にも少しトライしてみました。


inagawa FW 2018 18

【α7LA-EA3 + SAL70300G, f5.6, 1/15, ISO5000, 230(345)mm


ところで先のJETストリームの話、深夜放送の番組ですから多くの視聴者は真夜中に浮かぶ飛行機の様子を想像されるのでしょうか。城達也さんの「遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時…」のナレーションは、子供の頃の自分にも素敵だなぁと感じさせるものでした。きっと、世代を越えて感化し得るものを内包しているのでしょう。

 

ナレーションの声に乗せてバックでかかっている、ゆったりとしたこのテーマ曲は、1964年ボビー・ヴィントンの「Mr. Lonely」。ベトナム戦争の頃の反戦歌なんだそうです。

 

That’s why I’m lonely, I’m Mr. Lonely.

I wish that I could go back home.

 

夏の旅も終盤。待っている人は誰も居ないけど、それでもそろそろ家に帰りたくなってきました。

 

次回、夏旅6日目 最終日。少しだけ神戸に寄って帰路に着きます。 


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kmpstyle.blog.fc2.com/tb.php/378-2775ebf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。