光の中のコスモス

前回に引き続いて、宮ノ下コスモス苑での撮影分から。


hikari kosmos 01

NEX-6LA-EA3SAL70200G, f2.8, 1/400, ISO100, 150(225)mm

普段はあまりやらない、ハイキー気味の方向で撮影。


hikari kosmos 02

NEX-6LA-EA3SAL70200G, f2.8, 1/500, ISO100, 200(300)mm

数あるコスモスの隙間を狙って、背が低めの控えめでおとなしいコスモスを探し回りました。数が多いのですぐに見つかると思いきや、こういうのって意外と難しいのね。


hikari kosmos 03

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/1250, ISO100, 50mm, CPL filter

西日に傾いてくると透過する光の加減で花弁のクリアな感じが観察されるので、また趣の違った表情を楽しむことが出来ます。


hikari kosmos 04

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/1600, ISO100, 50mm, CPL filter


hikari kosmos 05

【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/400, ISO100, 50mm, CPL filter


hikari kosmos 06
【α7sCM-LM-ENokton 50mm  F1.1 VM,  1/4000, ISO100, 50mm, CPL filter

いわゆる、ゴーストやフレアを活かした撮影もやってみようかと思ったのですが、角度を試行錯誤しても思った程光の輪が発生しませんでした。開放いっぱいから絞る方向ではフレアも消えていくので、そういった遊びにはあまり向いてないのかな。オールドレンズに足を踏み込む?踏み込まない?


hikari kosmos 07

NEX-6LA-EA3SAL70200G, f2.8, 1/400, ISO100, 150(225)mm

若々しいコスモスって、つぼみの表面に反射した光が良いアクセントになってすごく新鮮なイメージを与えるのだなぁ。撮っていて初めて、そんなところに気付くことが出来ました。


hikari kosmos 09

NEX-6LA-EA3SAL70200G, f2.8, 1/125, ISO100, 140(210)mm

堤防脇にずらっと並んでいた車に向かい観光客も家路に帰るころ、その流れに逆行して野良猫がトコトコやってきました。本来ならもっと低くして背景にコスモスのピンクを重ねたかったところですがさすがに人前では出来なかった(笑)。ここでやってのけてこそ、真のローアングラーなんでしょうけど。


hikari kosmos 10

【α7sLA-EA3SAL1635ZA,  f14, 3.2,  ISO100, 35mm, CPL filter

秋になって日が沈むのも早くなってきました。もう18時前にはマジックアワーも終わり掛かり、加速度的に光の様相を変えていきます。そんなわけで、人気の無くなったコスモス畑で、撮りたかったシチュエーションでパチリ。

 

広さと密度感を出すには脚立に乗ってもう少し下がった位置から望遠で圧縮させた方が良かったかもですが、そうすると南北に走る416号線沿いの施設や人家の明りが目立ってしまうので今回はこんな感じで。理想は、北海道の美瑛のコスモス畑ですが、そちらもいつか行ってみたいなぁ。